私は猫が嫌いだ。

2010年11月23日火曜日 ·

Check
私は猫が嫌いだ。
最近野良が縁の下に出入りを始め、威嚇行為を繰り返したにも関わらず出ていかない。猛烈に腹が立つ。
そうこうしてる内に、ミィミィと頼りない声が聞こえるようになった。
子供を産みやがった!
畜生ながら、子供大事で餌を探しに行く様子が無くなった。
私の家の下で餓死なんかされてたまるものか!
腸が煮え繰り返るが、朝昼版と餌を与えることにした。
子猫が這い出てくるようになった。
見ると五匹の内の二匹は目やにで目が開かない。
繰り返し目やにを拭き取ってやってもすぐ潰れる。
業を煮やして医者に連れて行った。
六時間ごとにさす目薬を貰う。
ウイルス性結膜炎だそうで、五匹全員に六時間ごとに点眼する。
寒くなってきたので、ホムセンで発泡スチロールの箱を購入し、バスタオルを敷いてやる。
野良なので当然だが、ノミがすごい。
ノミをもらうのが嫌で、蚤取り櫛を買ってくる。
引っ掻かれるのが嫌で爪切りを買ってくる。
目薬の順番の目印に、首輪を巻いてやる。
…世話をしてる内に母猫がバックレやがった!
まだ乳も離れていないのに!
ミルクと哺乳瓶を買ってくる。
離乳食を作ってやる。
子猫用レトルトとドライフードを買ってくる。
納戸を片付けて猫部屋を作ってやる。
猫部屋に炬燵を入れてやる。
猫部屋にテレビと座椅子を置く。
…こんなに世話をしてやったのに、今日はとうとう最後の一匹が貰われていく。
また、独り暮らしに戻される虐待。
いいの。
猫なんて大嫌いだから。
最後の一匹もいなくなった。
猫部屋を再び納戸に戻す。
炬燵もテレビも座椅子も居間に戻す。
トイレと餌皿、余ったレトルトとドライフード、猫じゃらしは持参金にくれてやった。
歩いても、ついてくる子はもういない。
座っても、抱かれにくる子はもういない。
やっぱり猫なんか嫌いだ。
いたらいたで手が掛かる。
いないならいないで、可愛がられているだろうかと気に掛かる。
本当に猫なんか嫌いだ。


Related Post:


0 コメント:

現在の閲覧数 

About

このエントリをつぶやく
相互リンクについて
↑お気に入りに登録をお願いします
当サイトはリンクフリーです
人気ブログランキングへにほんブログ村 ネットブログへ
【↓1000文字まで】
Powered by NINJA TOOLS

過去 7 日間人気の投稿