コタツ入ってると眠たくなるんだけど誰か科学的根拠を提示してくれ

2011年12月30日金曜日 · 0 コメント

19 名前:名無しさん@涙目です。(氷川神社) :2011/12/30(金) 09:08:21.55 ID:jokQOgcG0
コタツ入ってると眠たくなるんだけど誰か科学的根拠を提示してくれ
脚部だけが暖まると血がどーのこうのとかそんな感じで

118 名前:名無しさん@涙目です。(熱田神宮) [sage] :2011/12/30(金) 09:45:56.43 ID:cy/gM11P0
>>19
別に全身暖めなくても足だけとか下半身だけ温めても
時間がたてば血行が良くなって体全体が温まってくる。
むしろじっくり時間をかけて暖めた方が、体の深部まで温まる。
例えば42℃くらいの熱めの湯で短時間全身浴するより
39℃くらいで半身浴の方が、時間はかかるが芯まで温まる。

で、風呂であれコタツであれ深部がゆっくり温められると
副交感神経が刺激され、肝臓や腸の動きが促進される。
これらの解毒・排泄用臓器は睡眠中のほうが活発に作用するため、
「眠くなる」んではなく体は「眠ろう」とする

2011年スレタイ大賞

2011年12月26日月曜日 · 0 コメント

15 名前:名無しさん@涙目です。(中国) [sage] :2011/12/26(月) 12:01:13.94 ID:asD3zQ+d0
・大賞
【乞食速報】墓地が無料!急いで死ね!
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1299563928/

・特選
【M0.0】 中国でビルが崩壊
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1300787338/
スーパーで水が売ってる(゜∀゜)!!と思ったら大五郎だった…死にたい…
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1300599582/
ATMを20分くらい使ってるババアってなんなの? 俺が知らないだけでYouTubeとか見れたりするの?
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/news/1321541402/

・入選
尊師ってやっぱ学生時代から浮いてたの?
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1308974297/
日本には過労死するほど仕事があり、自殺するほど仕事がない
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1310550120/
数学の面白さは異常  文系は永遠に作者の気持ちでも考えてろよ
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1309584748/
東電「もう金ない!電気代上げてもいいよね?」 政府「ジャンプ」 東電「…(チャリンチャリン)」
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1316869409/
( ^ν^)「ホットペッパーを見た!」 店員「…は?」 ( ^ν^)「ホットペッパーを見た!!」
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1299578095/

これが情強の楽しみ方

2011年12月25日日曜日 · 0 コメント

203 名前:押しくらまんじゅう(新潟・東北)[] 投稿日:2010/12/23(木) 12:54:01.77 ID:Auc61vIyO
毎年、クリスマスまでに自分が欲しいもに目星をつけ
自分で買ってクリスマス用の包装をしてもらい
イブの夜はクリスマスソングを流しながらチキンとケーキとシャンパンで雰囲気を出し
プレゼントを自分の枕元に置いて、小型簡易ツリーの静かな明かりを感じながら就寝

これが情強の楽しみ方

iPhone→ARROWS Z

2011年12月21日水曜日 · 0 コメント

29 名前:名無しさん@涙目です。(東京都) :2011/12/21(水) 22:31:57.40 ID:9CQ8pdy/0
iPhone→ARROWS Z
・バッテリー交換不可→可能
・3.5インチ小型画面→4.3インチ
・オサイフケータイ未対応→対応
・ワンセグ未対応→対応
・flash再生不可→再生可能
・WiMAX/LTE Xi未対応→WiMAX対応
・テザリング未対応→対応
・防水防塵未対応→対応
・役に立たない変換→ATOKプリインストール済
・ATOK未対応→対応
・Google MAP表示に難→Androidだから無問題
・華奢なボディ→不明
・ホームボタンの故障しやすさ→不明
・高い保証→少なくともiPhoneよりは安い
・ストラップ穴無し→あり
・戻るキー無し→あり
・iTunes縛り→なし
・PCとの同期が必須→PC不要
・ホーム画面のカスタマイズ不可→可能
・2chMate未対応→対応
・電波の入らないソフトバンク回線→キャリアはKDDIのみ
・低速3Gのau回線→HIGH SPEED 3G対応

ARROWS Z ISW11F 消費電力

2011年12月16日金曜日 · 0 コメント

892 名前:SIM無しさん :2011/12/16(金) 14:07:45.35 ID:vMXVvKeC
消費電力見てきたよ
結論から言うと電気馬鹿食い尋常じゃないぞこれ

まずディスプレイが消費凄まじい、画面だけで120mA近く消費してる

でacアダプタusb給電しつつ、
画面つけっぱで3Gでネットしてるだけで500mAをオーバーして給電追いつかず(-105mAなのでトータル605mAの消費)

3Gでナビしてみると-200mAの表示、つまりトータル700mAの消費
バッテリのみの駆動だとナビは2時間しか持たない計算となる

画面つけたままwimaxテザすると-180mA、トータル680mA消費
画面オフにしてwimaxテザリングすると、-60mA表示、トータル560mA消費、となったので
ディスプレイが120mA程度消費してると思われる
より詳しい検証は発売後誰かやってくれ

au ARROWS Z ISW11F by FUJITSU Part62
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/smartphone/1323954713/

俺とユウキへ

2011年12月13日火曜日 · 0 コメント

俺とユウキとアズの3人は小さい頃からの幼馴染だ。
3人の親の仲が良かったので家族ぐるみでの付き合いをしていた。
俺達が中学2年生の時アズの母親が交通事故で亡くなった。
アズとアズのおじちゃんはとても泣いていた。
暫くするとアズはアズのおじちゃんの実家に引っ越していった。

それから1年位たった頃、アズから俺とユウキ宛に手紙が届いた。

【俺とユウキへ】

たのしい季節もあっという間に過ぎますね、私は元気です。
けれど、こっちの生活にも慣れないといけなくて・・・
ちょっと大変、そういえばあの秘密きち!
にんげんが3人入れたよね、あとねこ!
ロックって名前だったね、ちっちゃくてさ。
れんらくあんまり取れなくてゴメンね、またおくる。

PS;ちなみにこの手紙は父と一緒に書いてます。
また会いたいなぁ

アズ

手紙を読み終わったあと、ユウキが疑問有り気な顔で
もう一度手紙を見せてくれと言った。
手紙を渡すと、食い入るように読み「やばい・・・」
と言った、俺ももう一度手紙を読み、理解した。
すぐに両親に事情を話し急いでアズの元へ向かった。

一昨年、初雪が降った日の夕方のことだった。

2011年12月12日月曜日 · 0 コメント

447 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/11/20(木) 11:56:52 ID:yqJJppYR
一昨年、初雪が降った日の夕方のことだった。
料理が趣味の自分は、ひさびさにじっくりと
食材の吟味し、買い物を楽しんでいた。
大きな荷物を持って駐車場までたどり着くと、
地方のショッピングセンターには似つかわしくないほどの
ドハデないでたちのあんちゃんが走ってきて呼び止める。

かつあげでもされるのかとビビっていたら、
あんちゃんはエビみたいに腰を曲げて深く頭を下げた。
「すみません。俺隣に駐車しようとして、
あなたのお車に傷をつけてしまいました!」
見れば、自分の車の側面にたしかにうっすら傷がついていた。

この寒い中、加害者のあんちゃんは2時間も車のそばで待っていたらしい。
あんちゃんは、そのまま逃げようと思えば逃げられただろう。
謝られるまで自分も気がつかなかったくらいの傷だから、
言われなければ、何日も経ってから「なんでここに傷がついてるんだろう?」
って思うくらいのものだっただろう。


448 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/11/20(木) 11:57:25 ID:yqJJppYR
モヒカン頭にはうっすら雪が積もり、唇は紫になっていて、
ふるえで歯の根が合わず、ときどき舌がもつれる。
そう裕福にも見えない青年が哀れになって
「うちの車、そんなに上等なもんじゃないし、
このくらいの傷どってことないよ。いいよ」と言ったのだが、
「いえ、それでは申し訳なさすぎます。
のちほど保険会社から修理に関する電話をさせます。
事故は警察に届けた方がいいと思います。電話してもいいですか?」
と、とさか頭を何度も下げながら謝った。
軽微な物損でけがもないことだし警察は面倒すぎるので丁重にお断りをし、
車の傷は保険屋と話し合うことにしてその場はおさめた。

修理をして車が帰り、事故に関する話が終わったころ、
あんちゃんはわが家に再び謝罪にあらわれた。
「いろいろご迷惑をおかけいたしました」と、
野菜やハーブ、果物と米に、つきたての餅まで持ちきれないくらいの食材を持ってきた。

聞けば、彼は近所で農業を営んでいるという。
親が寝込みがちなので、今は彼が中心で作物を作っているそうだ。
新たな試みとして、彼は無農薬や有機栽培に取り組んでいるところらしい。
彼が持ってきてくれた食材は肉厚で風味があり味が濃くすばらしかった。
変形モヒカン頭の彼のチャラい外見とは異なり、
農業を心から愛し、誇りに思い、真剣に取り組んでいることが
こちらの心に伝わってくる味だった。

この事故をきっかけに、自分は彼の畑から直接野菜を買い付けるようになった。
彼の野菜作りの腕前と人柄に惚れた自分は、
料理が趣味の人間、プロの料理人の友人などにどんどん紹介した。
彼は最近、自分の友人の経営する建物で朝市を開けることになったらしい。
今度、お祝いに行ってみようと思っている。

名を「四指死天昇」と言う。

2011年12月11日日曜日 · 0 コメント

352 本当にあった怖い名無し 2009/03/28(土) 06:49:52 ID:LLvHrLlr0
俺が高校生だった頃の話。

当時、俺は柔道部に所属していた。段位は弐段。
150kgのバーベルを持ち上げる事も出来るくらい鍛えていた。
そんな俺にはライバルであり、仲間であり、親友と呼べる奴がいた。
ある日、そいつと俺は足腰を強化する為に校庭で走行訓練を行っていた。
そして走り終わり、校庭の隅で休憩している時、背中に強い衝撃を感じた。
振り返ると、そこには巨大な楔(くさび)を持った友が居た。
友の手に握られた楔は校庭で使うロープを固定する為の物で
太さ2cm、長さ30cmで先の尖った鉄製のシロモノだ。
どうやら友は、そいつを俺の背中に突き立てたらしい。
俺は友に「何をしているんだ?」と聞いた。
友は「う~ん、痛いかなぁ、と思って」と答えた。
俺の背中に何か生暖かい物が流れる感触がする。どうやら出血したようだ。
俺が「痛くはないが、血が出たぞ」と言うと「う~ん、血が出ただけかぁ」と友は言う。
「いいから、楔を元に戻せ」そう言うと友はつまらなさそうに楔を元の場所に戻す為に振り返った。
その時だった。

353 本当にあった怖い名無し 2009/03/28(土) 06:51:09 ID:LLvHrLlr0俺は友の将来の為に何か御仕置きをしなくてはならない、と思った。
俺だったから良かったが、これが一般人相手だったら大事だ。
悪い事をしたのだと躾けなければならない。
その頃、俺は対人用として「必殺」と言える技の開発をしていた。
ボクシングの「カエル飛びアッパー」を知っているだろうか?
低い体勢から全身のバネを使い、下から上に一気に拳を突き上げる技だ。
あれを浣腸でやる。
しかも両手の人差し指と中指の計4本の指を使う。
ただでさえ危険な、その技を鍛え上げられた肉体を持つ
俺がやると洒落では済まない威力を発揮する。
正に「必殺技」
名を「四指死天昇」と言う。

354 本当にあった怖い名無し 2009/03/28(土) 06:52:17 ID:LLvHrLlr0楔を元の場所に差し込んでいる友の背後に素早く近づき
俺は「四指死天昇」を炸裂させた。
肛門とは実に脆いものだ。中指の第二関節までキレイにめりこんだ。
それと同時に肉が裂ける感触も伝わる。
友は何も言わず、その場で前のめりに崩れ落ちた。
衝撃のあまりに一瞬で落ちたのだ。そして痙攣していた。
友は救急車で病院に搬送され、緊急手術となった。
その後、俺と友は教員や親に度重なる尋問並びに説教をされる事になった訳だが
俺も友も「俺とあいつは親友だ。何も問題はない」と言い通した。

後遺症で友は便を排出する度に激痛に襲われる症状が1年間続いた。
友は自分にこれほどのダメージを与える俺を尊敬していると言う。
俺もまた、肛門の激痛に耐える友を尊敬している。


そんな昔話を職場の同僚に話すと必ずキチガイ扱いされる。


試食や試食、試食用やからな

2011年12月10日土曜日 · 0 コメント

実家がリンゴ農家なんだが、俺が子供の頃にリンゴが
余ったことがあった。
苦労して収穫したものだから、捨てるのももったいないので
俺の親父はトラックに積んで売りに出たんだ。
街中でトラックを屋台みたいにして売っているやつだ。

何県かをまたいで売り歩いた後、ある街に入った。
その街でも売り上げはあまり良くなかった、そして親父は
いつも通りトラックはそのままにして弁当を買いに離れた。
いつも通りトラックにリンゴをつんだまま
いつも通り試食OKの看板をだしたまま

5分ほどしてトラックの方に戻ってくると人だかりができている。
なんだとおもって近づくとおばちゃんたちが
「試食や試食、試食用やからな」と自分の買い物袋にどんどん
リンゴを入れている。
トラックの上に人が立って大声で「一人2個や、2個までやで」と叫んでいる。
最初何が起こったか理解できなかったが親父だが、我に返って止めようとすると
「なんやおっさんジャマすんなや、2個までやで」と思い切り殴られた。
集団心理なのか、声を張り上げても聞いてもらえない。
やむをえずトラックを少し動かそうとすると
「あぶない!」「待てー!」「ドロボー!」とわけのわからない罵声を浴びる。
そのままゆっくり走ってなんとか振りほどいて後ろを見ると
リンゴをトラックに向けて投げながら何かを叫んでいる集団が見えた。

今でも親父は2度とおおさかには行かないと言っている。

ラピュタ関係AAまとめ

2011年12月9日金曜日 · 0 コメント

           (  ヽ                   , ⌒ヽ , ⌒ヽ
     , ⌒ヽ  (     ヽ   _,=''''''^~~~~~~~~~^''''=,,,,(    (    '
    (    ' (      ,-='''~ -=^~~~^-^~~~^==- '=,,,    ゝ    `ヽ
    ゝ    `ヽ    <~ -==^~~~^ =^~~^=-=^~~^'=-~'=,  (        )
   (             ヽ'^' __,,,,,,i~~~l===|~~i==|~~|_,,,,,..ノ (          ヽ
  (    (⌒        ヽi~ |  |__レ、l--l--レ.;---i i-、 (           )
 (              r'^~~~~l l   | :| ∩ ∩|,-=,__,-,_| |~i^i,,           ヽ
  (        `)   l^^|,,,,--==.i~~l~~~~~~~~~~|   i l .|~^''''l~^i,,,,           ヽ
   ,ゝ          /i~~i' l ∩∩l .l ∩ ∩  l  |__| .| .∩| .| l-,
  (    '   ,,,,,='~| | |' |,,=i~~i==========|~~|^^|~ ~'i----i==i,, | 'i
 (    (    | l ,==,-'''^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、
(        ,=i^~~.|  |.∩.∩ |,...,|__|,,|__|,,|__|,,|__|,....,||,,|.|,.....,||,|_|,|.|,....,|   | |~i
 (      l~| .|  | ,,,---== ヽノ    i    ヽノ~~~ ヽノ   ~ ソ^=-.i,,,,|,,,|
  ,ゝ    .|..l i,-=''~~--,,,  \  \  l   /   /    /  __,-=^~
 (     |,-''~ -,,,_  ~-,,.  \ .\ | ./   /  _,,,-~   /     ヽ
, ⌒ヽ    ~^''=、_ _ ^'- i=''''''^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^''''''''=i -'^~ (      ヽ
     ヽ        ~^^''ヽ ヽ  i   |   l  i  /  /  ノ   (         )
   , ⌒ヽ          ヽ  、 l  |  l  l / ./  /   (         (
     , ⌒ヽ⌒ヽ        \_ 、i ヽ  i  /   ,,=='   (           ヽ
          , ⌒ヽ      ''==,,,,___,,,=='~      ,ゝ           ヽ
     ⌒   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               (
   ノ      |あれがさいたま?                ヽ
   ∧_∧ ∠________
  (     ,∩  ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( O   ノ  (,,  ) < ラピュタじゃねーの?
   |  |  |   /  ,つ   \_________
 ̄ (_.)_) ̄(___」\
         /       \

       -‐''''"´ ̄``ヽ、              ____
       /     _     ヽ        //´   __,,>、
     /        ̄ ̄   {        /::/ / ̄:::::::::::::::\
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._      /::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::l
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ     l:::::::::::/l/lノノ/_イ:::::l
     レ:r、/ イ゜テ   ピト`|::|      l:::::::::/ rtテ、  .ィtq l::::::|
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ      |::lヘ!j  ´  ,j   !;:::/
     ヽヽ、   r‐-,   /'         レリー 、    ,....,  lノ/
        lヽ、  ̄ /         `ヽ、lヽ 、  ̄ /´
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__   , -‐-、_r┴─'ー‐チト       バルス!!
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ /    ヽ ̄`ー-‐'´`''''⌒ヽ
/   ,':.:.:.:.:.l    l   l:.:.:.l    \  _r‐、-、-、r,    、   ',
     |:.:.:.:.:.:.!     !   !:.:.l   ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉 〉    !   ',
    l:.:.:.:.:.:.l     |   l:.:.:l  /  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ   l    l
    l:.:.:.:.:.:.!     !   l:.:.:.ト/   /  ```´-ァ‐'''"     /   l
、__/:.:.:.:.:.:l     |    |:.:.:ヽヘ  l    //         / _ ィノ
    /:.:.:.:.:.:.:!    l   |:.:.:.:.:l `ーヽ、_ノ´l、______/lニ二」
____l:.:.:.:.:.:.:.|      l   |:.:.:.:.:!        |_  ( ( ) )_〕|   l
   l`ー‐‐'匸二l ̄ ̄l二フーイ       /   ̄ `‐‐'´ ヽ  |

                    ,. ‐''´ `'ヽ、
                  /       ヽ、
                 /    _,,.......,,,_  ヽ
                ./   ,.r '´;;;;;;;;;,. ,;;;;iヽ、',
                l  /,.r'/.-‐'"/;/ ヽ ',
                   |  r ",,,..,´_  ´ ,.-‐.、.l l
               |  .| ´. ,.-=、    ´,=‐、 .l .|
               |  | ‐" ・.,   ! ' ・ .!‐l, .|
               |  l´  `'‐ '   .lヽ'''´  ',.|        「イィ…」
               | .ヽ、     _,. 〉   / |
               |   l          ./ .|
               |.   l  _,,;;=   =;;,, .l .|
               |   l         / l
             r-─    'l    ___   ./  〉__
        _,. -‐ '"´       'l  =ニ--ニ= l ./  i..,,,_
     _,.-‐'´         ヽ  'l、   '''   .ノ      `''‐- .,__
 _,. -‐'´     、      ヽ、  `'''' ´  ̄ ̄,.r          l`''‐- 、
-'' ‐‐ 、       ヽ、,      `''‐- 、___,. -‐'´           /::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::`'ヽ、     `'‐- 、                    /::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::`'ヽ、      `''‐-- .,_____          /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ

           ___                  ___
       /      \          /      \
      /  ─    ─\       /  ─    ─\
    /    ,(●) (●)、\    /    ,(●) (●)、\
    |       (__人__)    |    |       (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /     \     ` ⌒´   /
     ノ_       く__   , -‐-、_        く       ワロス
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ /    ヽ ̄`ー-‐'´`''''⌒ヽ
/   ,':.:.:.:.:.l    l   l:.:.:.l    \  _r‐、-、-、r,    、   ',
     |:.:.:.:.:.:.!     !   !:.:.l   ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉 〉    !   ',
    l:.:.:.:.:.:.l     |   l:.:.:l  /  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ   l    l
    l:.:.:.:.:.:.!     !   l:.:.:.ト/   /  ```´-ァ‐'''"     /   l

       , -‐''''"´ ̄``ヽ、              ____
       /     _     ヽ        //´   __,,>、
     /        ̄ ̄   {        /::/ / ̄:::::::::::::::\             ____
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._      /::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::l           / \  /\
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ     l:::::::::::/l/lノノ/_イ:::::l          / (●)  (●)\
     レ:r、/ イ゜テ   ピト`|::|      l:::::::::/ rtテ、  .ィtq l::::::|        /   ⌒(__人__)⌒ \   バルス!
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ      |::lヘ!j  ´  ,j   !;:::/        |      |r┬-|     |
     ヽヽ、   r‐-,   /'         レリー 、    ,....,  lノ/    _, 、 -—-\     `ー'´  __/
        lヽ、  ̄ /         `ヽ、lヽ 、  ̄ /´    /     ー-—  \  /  ̄ヽ-、_
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__   , -‐-、_r┴─'ー‐チト  ._ /ノ    y  ´ ̄ ̄⌒`Y´⌒ ̄`ヽ゛'、
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ /    ヽ ̄`ー-‐'´`''''´ `ヽ   ヾ/ 、       |     ||
/   ,':.:.:.:.:.l    l   l:.:.:.l    \  _r‐、-、-、r,    、   ', \  _r‐、-、-、    |     ||
     |:.:.:.:.:.:.!     !   !:.:.l   ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉 〉    !  ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉〉___/,___/ |
    l:.:.:.:.:.:.l     |   l:.:.:l  /  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ   l/  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ ヽ  ノ  イ ノ
    l:.:.:.:.:.:.!     !   l:.:.:.ト/   /  ```´-ァ‐'''"     //   /  ```´-ァ‐'''" /⌒ へ\ ノ |
、__/:.:.:.:.:.:l     |    |:.:.:ヽヘ  l    //         /ヽヘ  l   //ヾ   ( __ /_ ) ノ  |
    /:.:.:.:.:.:.:!    l   |:.:.:.:.:l `ーヽ、_ノ´l、______/l  `ーヽ、_ノ | ミ 'ヽ  ( __ |_ )  |  .)


   冫           ヽr'l
  y        , --、     ソ
  l   _... ,ィ'/´  /      l
  ゞ  /  ´    li      l
    ヽl     _ =、`', r 、  ノ
    `l=- , 、r─-、- '.'゛) / /
     ヽ-^i' ヽ^ '   ヽ  フ
      ヽヽ      /、/´
       l ω'´   /  !`)ー- 、_
       _ヽ___/, -‐' ´/    `ー -
   , -‐''/ ヾ‐'、 r‐'二 ,ィ--'-、
  /   '、.  i`y'"´ /    l ー- 、_
  l   /  |゛l   /´     /   /´
  l  i.   ゛i'. l=ー、    /    l
  ',  l _, ‐'´ヽ ヽ_,.. ヽ  l    j
  ヽ '-‐ '´ ̄ヽ l   ヽ.!、   ノ

        ____         ____r、___
        `'ー-、__ (゛ ̄`フ'iー─--`ニ=='i iー─'´   _ ‐=ニニi~lニニニ=-
              `゛` ̄i ノ'ー──==ニ≧弋/´`k/゛(。。)ヽャ‐v-≦,ニ二 ̄ ̄ ̄ヽ,─--、‐─------,
                 `'-、ヾ, ̄`ー─‐-.、,二ニニ'、 ___r=──‐'──`===‐ヽ,rー '─' ´ ̄ ̄´
                    `゛''ー-、,   /   , .-'´l~ヽ 、` ̄〉、 ̄ ̄ ̄,二~-‐'´
                   ,,,,,,, 、、、 `>ー - 、,r'ヽ l | / /冫、 r< ヽr -'.´
                 ,'´ _,,.-‐''/´ | / ヽヽ/´~ `ヽ、 , ヘ´ ̄ フヽr'゛,゛゛ ' ,
                 ', ´'-、_‐-l─-/ノ-─l,.r‐''´二`ヽ、 l`'‐、 ,r‐ヽ l,',','゛゛゛゛゛ ' ,
                  ''''´ 冫 ヽ /´ ヽ ノ/´ |  l`ヽ、ヽ /`ー'ヽノ── ‐, ,'
               ‐r‐===/`ー、/ー--‐'´/, -' ´ ̄`' - 、ヽヽー--‐,'  ,r、´',,, , '
                ‐|===/   / _ / o o 0 0 o oヽ, ヽ二-、‐'  `,ニニ=i‐
               _|___/  / /o oヾ゜ o .o. o 0 0 o o.o> l_  l   ヽ___l_
               _l_/  /   |゛ ̄'フヾニ、 ̄ ̄.|`"''- _='´-(´o oi l    l l_l_
      _ _______//ヽ __,.ノl ̄´  ,r 、。 ̄。ヽl,..ィ。´ _  `、二| ヽ、 ノヽl_l_
       ‖`ー───‐--, / /ヽ ヽ ヽ    l⌒l_____/-l  /  / ̄/   ヾ
      ‖        /ヾ, / ヽ ヽ ヽ.,r'ヾゝノ l |  | | | ゝノフ、/ ./  /    / 二二ニニニニ=‐
       、l_ ____l  ∧   ヽ ヽ/ヽ,.ヽ l  l |  | | | | / ∧/. /ヽ  /l l         .‖
       ‖ ` 'ー──‐, 、_l  ヽ、  ヽ/  'v───ヶ‐、─--、 /  l/  l/l  l  !_____‖
         ||        l  |     ヽ、 l   ヽ___()_/r'二、ヽ()_ 冫  l  /  l  l  iー───''''''/´
      ー`=、ー──--` l     ` l    ヽ   lゝl_l丿l  /    l/   l  l  l         ll
         `  ̄ ̄ ̄`l `'─ 、   l  o  ヽ  ゝ---'´ /     l    l  l-' ´'ー──‐--''、
                  ヽ    `‐-、l  o    ヽ    /  o    l _,.. -'' ´ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
                ヽ-、    l   o     ヽ, /   o    l´     /
                  ヽ `ー--ヽ       /ヽ    o   ノ      /
                    ヽ     ヽ     ,r<、_ >、_    /. ̄ ̄ ̄ フ
                     ヽ、__,. -'´ヽ-'´`ー-、___,...-`ヽ、ノ     /
                    ヽ`ー-、  ヽ          , ' `゛''ー-/
                     l`ー-、ヽ_ ` ー.,r┬ 、─‐' _,.-‐'´ /
                     l ||  || r、,. ‐ , '´|`'、`ヽ_,r-‐'"゛l
                     //-//ノ l ヽ ヽ。|。ノ  ノヽ  ll ll l

                          _,, -─ '''''  ̄ ''''''‐- 、_
                      _;-' ":::::_ -  ̄_ ̄_ ̄_`_ヽ:ヽ、
                     ,/:::::::::/ _r..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::-彡"、
                    ,/:::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                   ;i::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::| i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
                   |:::::::::::::|/::::::::::::::://:/ヽ| 丶|\::::::::::::::::::::::::::::ヽ ̄
    ┏┓    ┏━━┓     |:::::::::::::::::::::::::/ ─‐-、    , -─ゝ:::::::::::::::::::::| !.       ┏━┓
┏━┛┗━┓┃┏┓┃     '|::::::::::::::::::/ |/ , --、,     , --、, ` 'ヽ:::::::::| |!         ┃  ┃
┗━┓┏━┛┃┗┛┃┏━/`:::::,-、::::/   ' (::::)      (:::)   /:_:ノ リj━━━━━┓┃  ┃
┏━┛┗━┓┃┏┓┃┃_/::::::::::::i ェ L|、_ ' ,,, ‐- ‐     、 -‐',,,''r!、-!__           ┃┃  ┃
┗━┓┏━┛┗┛┃┃ノ::::::::::_::::i / / '>-、_       ' '  ,r < \丶i:_L_━━━━━┛┗━┛
    ┃┃        ┃_」::::::::/   ̄/ ' / / .ヽ _____ /、 `     |  `ヽ       ┏━┓
    ┗┛       /´::::::::::/     \      r./ ヽ,. ─ 、/ > '      /     .`i        ┗━┛
          _,,|:::::::::::::i         \     \ ヽ_ノ_/     ./      |、
         /::::::::::::r-'|            \    `}  /     /       |::i,
        r'::::::::::::ノ   |            \    |` "|   //        |::::ト.、    , _, ,,,
        i:::::::::::ノ    `|            |.   |ー''|   |/         |::::::::>、 /:::::::::-",
   、_ _   ∧_:-'"     |            |     |.  |    '、           |`゛"<_ノ::::::::::::::`>_
,`--"::::::::`i" /        |            |     |. |     '、        ,   |  /::::::::::::::::::::>
 _"::::::::::::::::`:':`-...      |          | _/     | |       ',__   ノ   |  |::::::::::::::::::_::-"
 /::::::::::::::::::::::::::、`      |        /' .i      |. |.       i、` ヽ  ノ _ノ   `| :!レ`ヽ"
  /::::::::::::::::::::/`、      !       / / |       |. |       ト 、 .|_ ノ"
   / /:/::/ |          \    /  / |       | |       | ヽ |
                  ` - _|/ /  !      /  i.         /_|,!
                       !、|        /  ヽ      /

    ピコン ピッピ

     .,/ ⌒ヽ∧∧
     .i  (,'| ゜д゜)
     "┬┬┘/
    ,;⌒:ヽ":::::ヽ,
   / / ̄ヾ ::::::::iヽ
   i  .!  ヽ   .iノ
   .i  i/ ヽ   i
    i  ヽ  ヽ .ノ
    ヽ  ヽ/ ヽ
     \  ヽ  ヽ
     __i. ̄.!ヽ/ ヽ
     ! .  ̄ ̄ !ヽ、 ヽ
     ヽ    .ノ  ヾ / ヽ 、
      `i⌒`i     ヽ /`ヽ,.     ,.、
      |-─|        ` 、_,ノ`:; 、 τ σゝ    ((( )))
      |-─|          ヽ、_ ノ ̄=|∋`     (´∀` )
      |─-i            ヾ_=⊃∋     ⊂ ⊂  )
      .!-─!、                      ( (  (
      /_/_/_へ                     (_)_) 、、、
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


.        -—‐  ‐-  _
    r ´:.:.:,:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`  、
.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./
    '‐<>- 、,_r'"゜´~`i゜  i' f /:.i
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐--..,,
    _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.::.:.::ヽ
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.  !  i     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  ヽ _i    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  /:ヽヽ ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.  i:::::::`ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  i::::::::::::O:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

    ,'                       /ノノノ  ヽ          |
   .l                  /  _,,-''"          |         .|
   |              ノノ//,,..-''            |         |
   |          /                       |       |
   |イ      ./-..,,                   _,,.- |/.|     |
    l     /  __`''-..,,          ,,..-''二__  |     |
    |    /   r''",.-‐== ̄`ヽ-——‐-r''">==<、 ヽ |/|   |
    .',   |==| /《 (:い:) }ト、.| ; = ; | ,.イ{ (:い:) .》ヽ|==レイ .l
    ヾlリ,.-|.  ヽ ヽミ≡彡  ノ; ,イ、  ヾヽ、`ミ≡彡'" ノ   レ/-、
      l   .i.      ̄ ̄ ̄ ̄ 人: : `      ̄ ̄ ̄ ̄    彡  l
      l   .i.           (::ノ::): :ヽ :)               i    i
       ヽ   i              ヽ  ´           i   /
        ヽ._.i.     {.,ィ _rー— -‐—- 、 、       i_ /
             i       '、(ヽ _,、_, _  `ヽ}      i
              ',     ヽー'´:::::::::::::::::::::::`丶く|       ./
              ヽ     Y Y:.:.:.ヽー:.:.:.:⌒Y ヲ      ./
             ヽ.      に{、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ,/      /|
            |ヽ     ゝ`ー=ー‐r‐-イ.ノ      / .|
             .|. ヽ    ヾミ _ 彡'     ./  |
               |  ヽ   冫ー 二二 イ   ./:.:'   |
                 !  \            /:.:.:.:'  .|
                |:.  :.. \ _____ /.::.:.:.::'  .::::|


                __,,..-‐‐‐-、_
               ,ィ´ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ
              l i'´ ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.::::`,
              ヽn____v'´'i::::::::::::l
               ノリ    リノ::::::::ゥ´
               `l__   rゝ:::::ソ
             .  l   /: : :l
                ゝ=ニニ--‐‐ュ
               _,,-d三二彡".::::`'‐、
             ,r'´/ l,.ィ'´:.:.:.:.: ス タ ジ オ ム ス カ 作 品
           / ,r´  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.    STUDIO MUSKA
           ゝ ト、,  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::l

                                    ,,r'':::::::::::::::::::::::;i::::::::::::::::i、
                                   ,r'::::::::::::::::::::;::r;:r l::::::::::::::::::l!
                                   'i::::::::i:::;:::;r'´'´   `ヾ:::::::::::::l!
       r‐、                          'i;i::::::l_,,,_    __,,,_ ヾ::::::::::l!
       人 ゝ,,_  ,,_,,,、                    'i;:::,,i´ ̄゛l‐'i´ ̄`i!、_l::::::::;;;l!
        (○) ̄  ̄ i‐、-l、                       !i`'‐''゛l _`‐-‐'゛   `;´!;;;l!
       ``'‐二i ‐`-'__ ))                      ゛l       ,  ノ,/;l!''   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          l l! `-' ,r'i {_,,,_                   l  -===・''   ノ`'l!   < ラピュタ は滅びぬ
           l l!  ̄ l! /,_ )                       l!  ´     / :l''     |       何度でも甦るさ!!
            /l l!/゛,=-,(こ)丿,,_     _,,r‐‐--‐ー‐-- ,,__,,,r}ゝ__,,, 、  -'  l、     \__________
             l、__l :l!__,(_ソ ̄) l;;;;;; ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;l;;;;;;;ヽ_ ̄``''‐- 、 , -‐}
            } ヽ-~__,,,' -‐i/》;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;l;;;;;;;;;;;ヽ ̄`''‐- 、l!//{`‐-、
           l!  ___,,, -‐{ l l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;`''=‐- \‐-ッ'´ ', ' ,ヽ;;;;ヽ\_
            `- ,,__,,, ‐'l./ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;`'‐ 、;;;;;;;;;;;>'   ', ' ,ヽ<;;;;;; ̄`'‐、
             l! ヽ`‐-、/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐ /     ,   ' ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
             l! `‐,ィ ___,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l       ,    l;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;l!
               ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐`‐-‐ i''‐-、   _ ,, l;;;;;;;;;;;l::::::::::::l
               `'‐-  ;;;;;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__;;;;;-‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐'´-‐''' ´ {_,,r'' _,,r''-‐'';;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;l
                        ̄ ̄l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;l
                          l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,;;;;;l;;;;;;;;;;l!
                          l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐';;;;;l;;;;;;;;;;;;l!
                          l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;l!
                          l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;l!
                           l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;l!
                            l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;l

                   _,,,... ..,,,_      /  .:::;;;;;;;:;' :::;;;;;;;;::::i  .:;;:ヾ  / .;;/ i ::;;;
             ,,.. -‐'''"~     ~"'' 、 i  .:::;;;;;;;;::i  :::::;;;;;;;;::i',  :::;;;:', i .:;;:;'  | ::;;;;
           /,. ‐'''"ブ     ...::::::;;;;::..`'、| .:::;;;;;;;;;::|,  :::;;;;;;;;;;:| ',  .::::::'| :;;;;i  i ::;;;;
              //   /,      .::::::;;;;;;;;;;;:::::..|  .:::;;;;;;;::i `, .::::;;;;;;::i i  .:::::i .:;;;;'   ', .:;;;
          レ    ',|i    ..::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i .:::;;;;;;;;::i  ', :::;;;;;;;;:i |  ::::;' .:;;;i   i .:;;
             ノ /`   ' ,   .::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i  .::;;;;;;;;::i  i :::;;;;;;;;::', :|  ::;' ::;;;;'   | .:;;;
         (/)f'i..,,_    ',  ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::',  .::;;;;;;;;::i  i .:;;;;;;;:::::'ノ  / .:;;;;'    | :;;;
        /iノー´  ~"'''‐- '.,,_.:: -、.:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:::i  .:::;;;;;;;;::i ', .:::;;;;;;;:::i /.:;;;;;;/|    i .:;;;
       <、       :::::::::i/.:,.:::::';::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::.',  .::;;;;;;;;::i i :::;;;;;;;;::| ,' .:;;;;;;';;;i    | :;;;;
        ,'          ::::::::::.〈ヾ.::ノ.::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:::.',  .:::;;;;;;::i i ::;;;;;;;;;:i,' ::;;;::/;;/   /.:;;;;
       (__     .:::::::::://.,'.:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::.ヽ  .;;;;;;;::iノ .::;;;;;;;;;;::i ::;;;;;::|;;;i   ,' .:;;;
        ー-ノ     :::::::::::::::::./i::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/',  .;;;;;;;::l .::;;;;;;;;;;;:;' :::;;;;;:i:;;;'   ,' ::;;;;;
          〈 ̄     .:::::::::./ー'.::.';::::::;;;;;;;;;;;;::::./  ,. ., .;;;;;;;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;i', :;;;:://、  | :;;;;;
        ,'      .:::::::./.:::::::::::::.``` 、, ‐'"/.;;;(  ヽ;;;;;;;::|;;;;;;;;;;;;;;' i:;;;;;:iノ ~"~ ̄~"'ー
       (    . .: .:::./.:::::::::::::::::::::::., '~ /,/;;;γヾ、ノ;;;;;;;;::|;;; .:;;;;;|;;:|:;;;;:ヾ"''ー'''"~ ̄~"
        `ーニ"~''"  .:::::::::::::::., ''"  /,;;;/,;;;;,(  `、;;;;;;;;;;::|,,,;;;;;;;;i:;;;',.::;;;;::';_.::;;;;;;::. ::. :. : .
           ( ` 、    ,: /  ./ '.::;;;;i,;;'''γヾ、 );;;;;;;;:l;;;;;;;;;;/.:;;;.'、.:;;;;::',`、.::;;;;;;:::. :. : .
           /` 、 `ゝ <~   // .:::. / .:::.(  `、;;;;;;;;;;;:i;;;;;;;;;;'.;;;;;;;./、.:;;;:', ヽ.:;;;::. :. : .
           \  〈 `、i  / ./  .::. |  .::, '' 、 ノ;;;;;;;;;;;::|;;;;;;;/.:;;;:./ ', ::;;;:',  ';:;;;;;::. :. : .
            〈   ` 、`ノ  /  .:::.,.」  ヽ  i;;;;;;;;;;;;;;;;;::l;;;;;;;i.;;.//.:::i :;;;;:i  i.::;;;::. :. : .
            /`ー 、/^\ /  <~~    '、ノ,;;;;;;;;;;;;;;;::i;;;;;/,;/,.ノl~'ー| .:;;;;' /.::;;;;::. :. : .
            |.:;;:ノ/   .::\  ノ     / .:::;;;;;;;;;;;;;;:::ノ,;;/,;/  ';:::/ .:;;;:i /.::;;;;;;::. :. : .
           /.;;i/  /  .::::::. `y'      / .::::::;;;;;;;;;;:./,/.:/   ゝi .::;;;;:|'.:;;;;;;;;;::. :. : .


.     /  ,                \
    /   / l                 ヽ
  ,r'    /  ヽ゛,、               ゛,
. /   イ/    ` ` 、              }
 { i   | ゛      、,,`' 、 ,           j
 レ'、,  |      ,:r'"''‐ `'゛、  ,、‐‐、      l
   ゝ」、 、 , ,、‐''゛゛、゛'、-——t'''/ / l     |
    ,ゝ‐、_,',.  ' ,O 〉     V .( ゛, j     i
    ',.ヽソ. '、,,、 -'"       / /     j
     '‐レ゛             .,r'    ノ
      l` `      、     i'" ゛ヽ、,/
.      ゛、  ,,、 -‐'"      ノ    ヽァ、
       ゛、'´ ..       ,r゛     ノ ヾ^゛ヽ、
.       ゛,        ./    ,、r'  /   \
        !、     /  ,、r'"   /      /`'ー-
         `'''"入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /
          く  .Y'"   .,、r'"/      /
         /" ` 、', ,、r''" /_____/
     ,、 - ''"´ ̄ ̄`゛i zz,,,/ \
   ,、 '"  ,、 ''"    | /    \

        |::|         , -'";;;;;:::::::::::::::::::::::::::ヽ|;;;|                 /::::::i::::::Y::::::/:::ヽ
        |::l       , -'";;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::|;;;!         rー─-- 、_  |:::ヽ:ヽ::/_/::::::::|
         |::l     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::|;;;;!         `ヽ、,:::::::::::::`ヽ、:::ヽ/::_,.::::::::::/
r ´~~~ヽ   |::l     /;;,!,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::γ;;;|            ヽ、,:::::::::::::::l /''´::::::::/
::;;;;;;;ノ::::l   |;:l  r、 {;;;;;| ゝ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,::::::_:::::::::::::::::|;;;;;;|)             ヽ,::::::::::l::l::,_,. -''´
:;;/;;:::ノ _|;:lヽ/:::l ヽ;;ヽ. ,-、ー‐ 、;;;;;i´ `ヽ::::::::::ヽ;;;;ゝ, -'`>ー'~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ,::::ll/、
';;;;;;;/r'´:::::l;::l:::l::::/r、 ゞヽ, /~_ _,.-''"ヽ ~) |::::. _r-|;;;;;|, -'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::vー‐、`ヽ、,
- '´   \;;;l;::l::::、:, '::::ノ   fヾ,、)      /`'''´ /,l;;;;|´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;)   `ー-、`ヽ、
      .`l::l-.、:l::/     ゝ'      ヾ   /|´ |;;;|'"´ ̄ ~`丶、::::ヽ,::::::::::::::::::::::::|;:l´`ー─‐´::::::
      ,l::l   l:l       ! ,   ,、    |  /;;;|::::|;:::i::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::l::::::::::::::::::::::::|;:|:::::::::::::::::::::::::
    , --l;::,l_  l:l        `ヽ/,'     ノ ,l;;;;;;l,:::|;:::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::|;::|::::::::::::::::::::::::|;
   ヽ:::::|;;:l::::`ヽl             く,    ',r'7 |;;;;;;ヽl;;::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::|;::|::::::::::::::::::::::::|;
    `''|;::|::::::::::::)           ヽ.,.-'" r、'-l;;;;;;;;;;;i;;:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、,::::::::::::|;:::|::::::::::::::rー 、|;:
     l;;::l`ー┐:l          <´ ̄ヽ )/ヽ,ィ-|;;::|,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;,,::::::|;::|::::::::::::::::\ );:
      l;;::!   l::|            `~゛'ヽ,l´ /`ヽ:::|;;;;;,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;,,|;::|:::::::::::::::::::::`l;:::
.ヽ、   :l;:::!    |:|          _,. -'"´/lレ'  _,.ノ!::|;;;;;;;;,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l;;;|;::|;,:::::::::::::::::::::|;::i
   `ヽ.l;;::|   l:.|  ___   _r´;;;;;;;;;;;;;;;;;/..l:l´~゛  |::::!;;;;;;;;;;;,,:::::::::::/ヽ|)/l::::::::ヽ|;::l;;;;;;,,,::::∧:::/;;:/
ヽ  ,r、l;;:|ヽ、, .,|:l.'"~     ̄| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |:|    .|;;;;|〉;;;;;;;;;;;,,::::::::\  /::::::::::::|;::|;;;;;;;;;;,,l::、:ヽ!;:::|:
;;;;)´::;;::ヽ:l  γ' .l::|7~て) .r-───‐ヶ;;;;`ィ|:l~`'ヽ-'!;::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,, ,_`l l:::::::::::, -';;;;I;;;;;;;;;;;l::::ヽ:/;:/::
.Y::;;;;;;;::/:::|  `´.l::l亠ヾ, ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ`''ヽ、,.r|:l;;;;;;;;;;;;;|;;;:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   `´⌒/ /::::: ̄\;l:::::::'i;:::!::::
、ヽ;;;/l;;:::l    |::lー─ヽ:::.... ,, -'"´~    l l|:|;;;;;;;;;;;;|;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`' ̄`l:l'´   ,'::ヽ::l:::::l:::::\:::|;;:|;,:::
-、l;l  |;:::|'丶、  .l::|   `ー(´ , ._       | l|:|;;;;;;;;;;;;|;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l:lrー─l::: ̄:ヽ::|::::l::::::'.!;;:!;;;;,,
 l;;|  |;;::|   `'l::|      `( _     ! |:|;;;;;;;;;;;;|;;;::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l:l::::::_,t'ヽ,ー:::_ヽ:::|:::::::|;::|r─
ヽl;;l.  l;;::.i    .l::l`iー───‐ゝ、-    _ゝl:.|;;;;;;;;;;;|;;;::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,. -i:lー´  ヽiヽ:::- -ヽ./|;::|::::/
;;;::ヽ, |;;::!     l::l.│        `"~ ̄  |:|`~~~゛|;;;;::! ̄ ̄ ̄´   i::!    ||;;;|ヽ_:::::/::::::|;::| l::
;;;;;;;;;:、|;;:::|     |::|. |     r、/´lr─‐ヶ   |:|   |;;;;::|           i:i.    ||;;;|;;;;;`/::::::::|;::|::::l::

見せてあげよう!ラピュタの雷を!!    |         ,..-‐−- 、、
  _,. . -‐-- 、_  _,, ,,_             |      ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;iii>;,、
  /: : : : : : : : : : : "`::::::::ヾ           |      /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" ::ヤi、
/: : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::ヾ彡         |      .i:::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::ミ         |      |::::::::j'_,.ィ>、、   .:::iii》
: : : : : : : : : : : : : : : :, ト、:::::::::|         |       ヾi´`, `‐-‐"^{"^ヾノ"
: : : : : : : : :/: : : : /|/ |:::::レ          |         Y     ,.,li`~~i
|: :n/=<_'─'/_>ヽ|::/           |          i、   ・=-_、, .:/出来るだけ、ムスカ!
 レト ヽ{:エェ:}-,{:ェエ:}ィ/           |      __,.. -‐/ヽ    ''  .:/─- __
 ヽ,  ゛  ̄" | ゛ ̄ "レ/::'''""'''"∧∧∧∧ | -‐ ''"   /   i ` ‐- 、、ノ\    ̄゛ー- 、
   |    ` '    / /:::::::::::::<   ム >      /   |ヽ   //  ヽ        ハ
/| ̄ ヽ ヽニニ=' / ̄|:::::::::::::<   ス  >     く     ! .>ーく /     >      / !
———————————< 予  カ >—————————————
ムスカは滅びぬ!     < 感 の >ハッハッハッ見ろ!人がゴミのようだ!
  ,..-‐−-何度でも甦るさ!< !!     >
ィ :::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,、       ∨∨∨∨\             ,..-‐−- 、、
::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、       /\ │ / \         ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;iii>;,
:::::::::;:"~ ̄     ::i||li      /  r;;;;;ノヾ   \       /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" ::ヤi、
:::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》     /─ ヒ‐=r=;' ─   \    /::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
::i´`  `‐-‐"^{" `リ"     /   'ヽ二/  跪け! \  |::::::::::j'_,.ィ>、、   .:::iii》
ヾ;Y     ,.,li`~~i     /   / │ \       \ lヾi´`,  `‐-‐"^{"^ヾノ"—-、
 `i、   ・=-_、, .:/    /         r;;;;;ノヾ      \        ,.,li`~~  へ  ヽ
  ヽ    ''  .:/     /   r;;;;;ノヾ ∩ ヒ‐=r=;'∩      \ ̄~''''ー——‐''"~  _,.ヘ  l.
   ,ィ` ‐- 、、ノ_    /  ∩ヒ‐=r=;'∩\'ヽ二/|        \ __,、__,、__,.-‐'  \ l.
⌒´ -−-ヾvーヽ⌒ /  | 'ヽ二/ / |   / 命乞いをしろ!\ ——-、 \\     \

    /  {                     ヽ
   ./  .∧  、 ゝ、_        f⌒ヽ     }
  /   / ヽ ト、\ー‐= ̄ ̄`丶、,イ f__ ',   |
  /   |   `ーゝ    ,.ニ_     /ヽ!ゝ }|  ゝ
  {イ  |          /´ __.  /     リ |   }   r-- 、_ ,  -───--
  |   ',         /./,=ミく       _,ハ、rィ^ァ'^フ'   /´
  ゝ!   \   、 Lノ/ 〈 ゝノ.ノ        ヽ   / /   /_      _
   \ト、 {. 厂>y‐ゝ_二/        |  ./ /  /´        `丶、
      ` `ーァ'´「{ )i        -、   | / / /             \
        ヽ _/゛!  ,..     ノ}    | /  レ'
            ヽ  ̄    //      |/  j
            `ヽ、 ∠/,     ノ/  /
              \        /./   |
                     `丶_  /゛ト/   ∧
                    ̄  | ヽ、_/,イ
                       └ァ=禿ハ
                        / / |  !
                       /  / |  !    //
                    /    /  .|  ト 、 /
                     /         l  | /
            / \     /          !  〈
   ,ィ<くゝ、  /     \   l          ヽ |
   \\ヽヽ'       \ |          ヽ{
私の名はロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ

                    __
                  ,ィ'´~   ~`'i、
                 ,i'  ,r‐-、,_  ro"´i、
                ,i   io二i   `i"´ `i、
                l     ,,,,,,i、,,ィ',,,,,,, l
                丿`i、    ,r==‐-‐i  l-‐<"゜´ヽ''‐-、
               ノiiiiiii;:、) i i',_ニ ,r‐-、ノ  }  ヽ-‐'   ヽ
         _,、-ヽ゛ ̄ヽir''´ __ゝ   (iiiiiiiii'´ 丿l        l、_
        /´   ヽ-‐' l  -‐ニゝ、___ノiiiiil_/ l       i   \
       ノ     ヽ ノ     ,-ノiiiiiiiir'´ii _,ィ'       _ヽ   \
      /   __,,-‐''r、/     ノ、Gr‐'-‐''i´ L,   <  l ヽヽ ヽ   \
     丿_,,-‐''    ||    /  ||   ヒ、 ┌    >└i ヽヽ ヽ    ヽ
    /         || ノ`´    ||      ̄     `-‐' `‐'  l     ヽ
   /           ヾ彡       ||      i           l     l
   |            ノ      ||       ヽ           l     ヽ
   l          ,r'´       ||        ヽ          l      l
    ヽ      ,.r'´        ||         i          l      l
     ``''┬‐'''´           ||          i         l         l
       爆薬を使う? 馬鹿者!! 要塞を吹っ飛ばす気か!?
       ……うん? もしもしもしもし? おいっ! どうした!?

         ,.-、       ,..-‐−- 、、
     /^`~",  :\  ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;iii>;,、
   ,.-",   /......:::::i::l /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" ::ヤi、
  ,.i  .|  :キ:::::::::::|::V::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
 / 、  | ,;:::::l:::::::::::マ,.-‐-、j'_,.ィ>、、   .:::iii》
 i、 ヘ  :\:::::::キ;:::::::(:::j::):...) `‐-‐"^{"^ヾノ"
  ヤ、 \:::::\,::::\:;;;:iゞ:-:;ィ     ,.,li`~~i    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.,;iiλ\.,,ィ^-‐'`ー",::::|:;X'::7、   ・=-_、, .:/   < お前それラピュタでも同じこと言えんの?
";ii::i`ゝ、::;;;:、-‐-;;;;i‐''''|  〉'.ヘ    ''  .:/     \_________________
.;ill;;:\::::::::::::::::;ノノl} ,.ィ|、/ー-`=‐-、、ノ
iilllllli;;:::`:‐-‐'":;ノ'i'::i.(♀)マ=‐-、.,,_`l, ,.へ
llllllllllllii;;,,___;;;iill|||'::|i,. 王 ,ノ\ー=、7^ヾ'‐-、、
|||||||||||||||||||||||j'::::|::`:‐‐"、::::::\..::/   \  `ヽ

          /::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ,/::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         'i:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
         i;:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ii:.:.:.:.:ゞ
_,.、-‐'''"´^~ ̄;;リ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.リ^~`゛`'‐-、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:,ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'‐-、.,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi, 'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゛     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
へぇぁぁぁあぁぁぁーーーーーー!!!

                                                ,. -−‐- 、、
                                              ,;<ii::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                              ィiy: ゛ミiii;;;;;;;;:::::::::::::::'i,
       , -‐''''"´ ̄``ヽ、              ____              il||i::    ̄~゛:;::::::::::::::!
       /     _     ヽ        //´   __,,>、            《iii:: _,,. r'"^゛、_ヾ::::::::|
     /        ̄ ̄   {        /::/ / ̄:::::::::::::::\           t´ ゛}^"‐-‐'  ´`i:::|
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._      /::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::l           .i~~´i|、.   ∪ Y:/
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ     l:::::::::::/l/lノノ/_イ:::::l           .!:. 、,_-=・    /'
     レ:r、/ イ゜テ   ピト`|::|      l:::::::::/ rtテ、  .ィtq l::::::|            .!:.  ゛    /
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ      |::lヘ!j  ´  ,j   !;:::/          _,/ゝ ,、 -‐ ´l
     ヽヽ、U  r‐-,   /'         レリー 、    ,....,  lノ/    _, 、 -— ''"::l:::::::\` ー一'´ヽ
        lヽ、  ̄ /         `ヽ、lヽ 、  ̄ /´    /;;;;;;::゛:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゛!:゛、-、_
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__   , -‐-、_r┴─'ー‐チト  ._ 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゛'' ゛||i l\>::::゛'ー、
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ /    ヽ ̄`ー-‐'´`''''´ `ヽ;;;;;;;;;;::::::::i:::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/   ,':.:.:.:.:.l    l   l:.:.:.l    \  _r‐、-、-、r,    、   ', \;;;;;:::_r‐、-、-、:::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
     |:.:.:.:.:.:.!     !   !:.:.l   ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉 〉    !  ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉 〉::::\:::::゛、|||:::/::::::::::::|:::i
    l:.:.:.:.:.:.l     |   l:.:.:l  /  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ   l/  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ:::::::::::\::V::/:-—--l::::!
    l:.:.:.:.:.:.!     !   l:.:.:.ト/   /  ```´-ァ‐'''"     //   /  ```´-ァ‐'''":::::::::::::::::::::゛''レ::::::::::::::::::!:::|
、__/:.:.:.:.:.:l     |    |:.:.:ヽヘ  l    //         /ヽヘ  l   //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|O::::::::::::/:::::::!
    /:.:.:.:.:.:.:!    l   |:.:.:.:.:l `ーヽ、_ノ´l、______/l  `ーヽ、_ノ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;i;;;;;!:::::::!
____l:.:.:.:.:.:.:.|      l   |:.:.:.:.:!        |_  ( ( ) )_〕|         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;i;;;;;!:::::::::!
   l`ー‐‐'匸二l ̄ ̄l二フーイ       /   ̄ `‐‐'´ ヽ        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;|O;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;;;;;!
                                          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;;;;;;!

バルスの目安

· 0 コメント

【バルスの目安】

"バルス"は本編開始から1時間55分5秒後に宣言されます。
またムスカの"3分待ってやる"発言から65秒後の宣言でもあります。
40秒規制がありますので、ムスカの発言から40秒経過してからのレスは自重しましょう。
最悪の場合、バルスに間に合わなくなります

〜タイムテーブル〜
194秒前 パズー、2発目のバズーカを発射
150秒前 シータ「国が滅びて、王だけ生きてるなんて滑稽だわ」
108秒前 ムスカ「ラピュタは滅びぬ 何度でもよみがえるさ」
065秒前 ムスカ「3分間待ってやる」
030秒前 パズー「ボクの左手に手を乗せて」
000秒前 バルス!

アザだらけの体のどこが美しいって言うんだ

· 0 コメント

18 :1/2 :2010/10/22(金) 19:33:51.56 ID:G0XK/YfVO

私は百貨店で販売の仕事をしているのですが、先日仕事中の出来事です。
三歳くらいの女の子を連れた、若い女性が来店されたのですが
親子のようですが、少し様子が変でした。

夏の暑い日で、母親らしき女性の方はノースリーブに膝丈のパンツ、
サンダルと言う軽装なのに女の子は長袖長ズボン、
素足に薄汚れたスニーカーという出で立ち。

娘は、その母親の後ろをオドオドとついていく感じで、
楽しくお買い物という感じは全然しないのです。

仕事中でしたので、それとなく様子をうかがっていたのですが
突然、何かがぶつかるような音と、女の子の
「お母さん、ごめんなさい、お母さん、ごめんなさい」
という悲鳴のような声が聞こえてきました。

見やると床に倒れた女の子と、
恐ろしい目でそれを睨み付ける母親の姿が。

女の子の頬は赤く腫れています。
私は警備員に連絡をし、二人の方に駆け寄ったのですが
女性に声をかけようとしたときです。

ヤンキー風の若い男が女性を怒鳴り付けたのです。
「テメー、子供になんてことするんだ」
女性も言い返しました。

「躾なんですから、余計な口は出さないでください」
騒ぎに気づいた他のお客様も集まってきました。

私はオロオロしてしまい見守ることしか出来ませんでした。


19 :2/2 :2010/10/22(金) 19:34:59.59 ID:G0XK/YfVO

男「何が躾だ、テメーのやってることは虐待じゃねーか」
女「変な言いがかりはやめてよ、躾よ、虐待なんかじゃないわよ」

しばらく睨みあっていたのですが、突然男は女の子に近づき
男「躾ってのは、身を美しくするって書くんだ」
そういって女の子の袖をまくったのです。

女の子の腕は痩せ細り、そしてアザだらけでした。

男「アザだらけの体のどこが美しいって言うんだ」
女性は絶句し、泣き出しました。

そこへ警備員が駆けつけ、
警察やら児童相談所やらに連絡がとられることになったのです。
騒ぎが収まったあと私はそのヤンキー風の男性にお礼を言いました。

男性はちょっと照れたように
「昔の俺みたいだったからよ、躾だ躾だっていわれてたけど、
漢字見たら大嘘だってわかったから」

見た目は怖かったけど、凄くかっこよかったです。

なぜ私と義姉はこんなに似てるんだろう

2011年12月8日木曜日 · 0 コメント

392 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2011/09/29(木) 03:01:30.54 ID:q0W1rSdY0
兄ちゃんが結婚するので相手の家族と顔合わせした
私を見た瞬間、向こうのご両親がフリーズ

そりゃそうだよね
私と義姉すっごく似てるんだもの
本人ですら似てると思うくらいそっくりなんだよ
いくら兄ちゃんが全然似てないと思ってても、周囲の人間は似てるって思うんだよ
向こうのご両親だって不審に思ったんじゃないの?
妹とそっくりな人と結婚する男って普通に考えたら気持ち悪いよね?
兄ちゃんたち、このまま結婚して幸せになれるのかなぁ
みんな私と義姉見たら変な風に思うんじゃないかなぁ

それにしても、うちの両親とむこうのご両親は顔に全く共通点がなかったな
私と兄も全く似ていない
なのになぜ私と義姉はこんなに似てるんだろう

不思議だ

ゆとり達が帰宅した AA

2011年12月6日火曜日 · 0 コメント

                             ____
  スレ主> / ̄ ̄\      ____ ..::/    u \     / ̄\
        |^  ^ |    /  .u  \  ─    ─\   | ^ ^| <元カノに安価
   / ̄ ̄\.| ヮ   |  /  ─    ─ \( ・)) ( ・)) ヽ  .|  ヮ/ ̄ ̄ ̄\            
  |^ ^  |.\    /  /  ((・ ))  ((・ )) ヽノ(、_, )ヽ    .|    /  ^   ^ |
 ̄ ̄\ヮ  <       |  u    ,ノ(、_, )ヽ    |-=ニ=-   /    |    ワ  <古参出てけ
  ^ |   / ̄ ̄\  \     -=ニ=-   /:.      <            / ̄ ̄\
ワ  |w>| ^ ^  | ノ            \⌒ ̄ ⌒⌒〜 / ̄ ̄ ̄\ /     |
   // ̄ ̄\ヮ  / 〜⌒ ⌒ ̄⌒ ⌒ ̄ ⌒⌒〜       |      ||   ^ ^|
   /      \. \                        |  ^  ^ |     ヮ .|
  /  ^   ^   ヽ           JKだけど質問ある?> |   ワ  |      /

                                       i
   l  .l  \ _  i  l 十   ー十‐  i ヽ″ .| |  ヨ  Г ̄フ  |    十    | |
   l /Τ)  /   | || ー   L、  ̄| ̄|\ ||T干ヲ -千‐  |    | ー   .| |
   レ ノ   (_    ノ レ —-   __) / /    ノ  り    L_i  ヽ--   レ —  ・・

あのドラえもんのAA 元ネタ

2011年12月4日日曜日 · 0 コメント

         ..-‐''" ̄~''‐,,
     _,.-‐''"        ''‐,,
   ,.-'      ,.--、      \
   / /~~\  / /ёl\__     ゙i,,
 . / l /ΘヽV | ー'| | 丶、   ゙i,,
 /  /ヽ 二 |、 ̄ У    ヽ、  ゙i,, _,.
 l /  ヽ___/ ヽ_/      L,,-‐''i"
 |/      (  |       ,,..-‐"|   |
‐‐|--,,.___   `T゙         | __,,⊥-‐
  'i,        |         ̄l  /
  'i,       '-、     丶、/  /
   'i, /     -<    |   /丶、'
 _,. -‐く /    ー′  l  ,'  ∠__'‐、
     X  ',      /  ,' r'´    ゙''‐,,
    / \  '--─一'´   r'"        ゙;,
   ,.-‐'''" ''‐- __,,...‐'′            ゙;,
           | | /              '';,

176 名前:名無しさん@涙目です。(東日本) :2011/12/04(日) 17:13:49.79 ID:0N2w67Pk0
>> 147
これの元ネタを知りたい


425 名前:名無しさん@涙目です。(山口県) [sage] :2011/12/04(日) 17:33:12.04 ID:OCv0XzIc0
>> 176

414 名前:名無しさん@├\├\廾□`/[sage] 投稿日:2010/11/23(火) 00:36:33 ID:Lw/EBsmc [1/2]
■AA作成依頼
・画像ファイル :http://wikiwiki.jp/peercast/?plugin=attach&refer=%C7%DB%BF%AE%BC%D4%BE%F0%CA%F3%2F%A5%D1%A5%B8&openfile=pajiemon1.jpg
・人物名・商品名等 :ドラえもん(素人の絵)
・希望サイズ(行数、byte数) :15行前後
・その他、何か要望があれば :左右どちらの向きでも構いません。
よろしくお願いします。


416 名前:名無しさん@├\├\廾□`/[sage] 投稿日:2010/11/23(火) 04:33:09 ID:Nvsm5Vhz
>> 414
         ,,..-‐''" ̄~''‐,,
     _,.-‐''"        ''‐,,
   ,.-'      ,.--、      \
   / /~~\  / /ёl\__     ゙i,,
 . / l /ΘヽV | ー'| | 丶、   ゙i,,
 /  /ヽ 二 |、 ̄ У    ヽ、  ゙i,, _,.
 l /  ヽ___/ ヽ_/      L,,-‐''i"
 |/      (  |       ,,..-‐"|   |
‐‐|--,,.___   `T゙         | __,,⊥-‐
  'i,        |         ̄l  /
  'i,       '-、     丶、/  /
   'i, /     -<    |   /丶、'
 _,. -‐く /    ー′  l  ,'  ∠__'‐、
     X  ',      /  ,' r'´    ゙''‐,,
    / \  '--─一'´   r'"        ゙;,
   ,.-‐'''" ''‐- __,,...‐'′            ゙;,
           | | /              '';,

432 名前:名無しさん@涙目です。(福島県) :2011/12/04(日) 17:33:59.99 ID:gnTfzD6N0
>> 425
再現度高すぎwwwww

ライオンAA一覧

· 0 コメント

         ,、,, ,、,, ,, ,,
       _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
      (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
      ,;'゛ i _  、_ iヽ゛';,    お前それサバンナでも同じ事言えんの?
      ,;'" ''| ヽ・〉 〈・ノ |゛゛ `';,
      ,;'' "|   ▼   |゛゛ `';,
      ,;''  ヽ_人_ /  ,;'_
     /シ、  ヽ⌒⌒ /   リ \
    |   "r,, `"'''゛´  ,,ミ゛   |
    |      リ、    ,リ    |
    |   i   ゛r、ノ,,r" i   _|
    |   `ー——----┴ ⌒´ )
    (ヽ  ______ ,, _´)
     (_⌒ ______ ,, ィ
      丁           |
       |           |

           ,、,, ,、,, ,, ,,
         _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
        (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
        ,;'゛ i        iヽ゛';,    お前はいい狩人になれるぜ…
        ,;'" ''| ー-  ィ・フ |゛゛ `';,    俺が保証する
        ,;'' "|   ▼   |゛゛ `';,    __
        ,;''  ヽ_人_ /  ,;'  ̄ フ(__ )、
       /シ、  ヽ⌒⌒ /   リ こ´ヽ (__ )、
     /   "r,, `"'''゛´  ,,ミ゛   `ヽ __(__)
    /       リ、    ,リ   r  ̄ ´
   /    ,イ   ゛r、ノ,,r"    |
  /    / |            |
  〈    <  |            |

                _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
               (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
               ,;'゛ i _  、_ iヽ゛';,    おはようからおやすみまでくらしに夢をひろげるライオン
               ,;'" ''| ヽ・〉 〈・ノ |゛゛ `';,
               ,;'' "|   ▼   |゛゛ `';,
              ,;''  ヽ_人_ /  ,;'`ヽ
                    シ、  ヽ⌒⌒ /   リ-‐‐゛ー=: .、
           ,. ‐='´` "r,, `"'''゛´  ,,ミ゛      ヘ
              /   /   リ、    ,リ          ハ.
            i   ;      ゛r、ノ,,,r"     ヽ,、  _  /`ヽ.
            }.   {         !         ∧`´ `゛'´`ヽ. ',
         / ∨`ヽ       ノゝ .._  。  _ノ ヘ.     \.',
            { ,'   ゝ゜.. ィ´ { _,._'  ̄ ̄<.__  ヘ.     ,   `',
           /      .イY⌒`゛{´  `¨´∨ ハ、 ノ ヽ. リ     ',
         / ヾ.    / ト.、_____ ;.... -‐‐‐イ//ハ,/    Y    ハ
       /   ヘ-、/   }{   `.:      ノ',/ ; ハ     ゛i   ノ/ i
        !    :  i   |ハ、......c;r '"  ̄ } し' |     ',/ ,ノ  ;
      ハ、  ノ ,'     ! i.         ,'  _ノ>、     ∨ / ,'
        i,リ )'  /    ヽヘ         /_..≠/、.ヘ      i   {
        !     , '      人ヾ、    _.≠ , "ヽ  ',. }    /   {
      i  :. /     / .i ヽミ=´  /   ;   ',|   ! ,    i
      |  ヽ      / '´i   ∧    !   /,  :   i.   {/ ,/ //リ
      ,'  、 〈     ,'' /'、   ヘ  ノ;  / :  i  i.  i' /.ノノ"
     ヽ {'ヘ_j    .,'i/ ' }    `T ,'  {    リ  .i  `
       ゞ、.)っ.     !.! ,' ,ハ     ! i  八   ,'    i
             | ゛! /  ヽ    |  i     ;     |

           ,、,, ,、,, ,, ,,
         _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
        (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
        ,;'゛ i _ ) ( _ iヽ゛';,   サバンナの何を知っている
        ,;'" ''| ヽ・〉 〈・ノ |゛゛ `';,   なめるな
        ,;'' "|   ▼   |゛゛ `';,
        ,;''  ト _人_ イ   `';、
       /';、  ヽ |  | /    ,;' \
     /  ゛r,  i⌒ ⌒i   ミ"   \
    /      ''r `"''''゛´  ,ミ"     ヽ
   /    ,イ   ''リ    リ"   ト、   ヽ
  /    / |    ゛ル,,トリ"     | ヽ    ヽ
  〈    <  |            |  >    〉

           ,、,, ,、,, ,, ,,
         _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
        (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
        ,;'゛ i  ノ  ー  iヽ゛';,  それっておかしくねぇ?
        ,;'" ''| (・) (・) |゛゛ `';,
        ,;'' "|   ▼   |゛゛ `';,    __
        ,;''  ヽ_人_ /  ,;'  ̄ フ(__ )、
       /シ、  ヽ `´ /   リ こ´ヽ (__ )、
     /   "r,, `"'''゛´  ,,ミ゛   `ヽ __(__)
    /       リ、    ,リ   r  ̄ ´
   /    ,イ   ゛r、ノ,,r"    |
  /    / |            |
  〈    <  |            |

         ,、,, ,、,, ,, ,,
       _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
      (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
      ,;'゛ i ー  ( _ iヽ゛';,    え?サバンナマニアの事
      ,;'" ''| ( ・〉 〈・ ) |゛゛ `';,   バンナーって呼ぶでしょ?常識だよ?
      ,;'' "|   ▼   |゛゛ `';,   あせったー 一瞬俺がマイノリティかと思ったわー
      ,;''  ヽ_人_ /  ,;'_
     /シ、  ヽ⌒⌒ /   リ \
    /   "r,, `"'''゛´  ,,ミ゛   |
   /    _  リ、    ,リ     |
  |   / |   ゛r、ノ,,r"  i   |
  ヽ  ヽ |          |   |
   ` 、 ヽ|          |   |
     )   |         |   |
    (_,_,|         |   |

         ,、,, ,、,, ,, ,,
       _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
      (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
      ,;'゛ i    、_ iヽ゛';,    サバンナに一つだけ物を持っていくとしたら?
      ,;'" ''| ー-  〈・ノ |゛゛ `';,    うーん…俺ならマキァヴェリの『君主論』を選ぶかな
      ,;'' "|   ▼   |゛゛ `';,
      ,;''  ヽ_人_ /  ,;'_
     /シ、  ヽ⌒⌒ /   リ \
    |   "r,,( `"'''゛´_) ,,ミ゛   |
    |      /  ,ィ_) ,リ    |
    |   i /  /,r,,r" i    |
    |   Y   /    ノ    |
    (ヽ  __ /--——´    /
     (_⌒ ______ ,, ィ
      丁           |
       |           |

        ,. ‐,'"´ ̄' ‐ .、
      //      \\
     / ,. ‐ '" ´` ` ' ‐ .、 \
   / /: : : i:i: : : : : i:i: : : :\ \
   \/: : : : :/リ、: : : :,リV: : : : ヘ/
     |: : : : / _\/_V: : : : :|    お主それ海の家でも同じ事言えるのでゲソ?
     |/\/.| ヽ・〉 〈・ノ |ヘ/!/
     |:;'' .|::|.   ▼   |::| `';,|
     |,;'' .|::|ヽ_人_ /|::| ;'_|
     /シ..|::|. ヽ⌒⌒ / .|::| リ \
    |   |::|,, `"'''゛´  .|::|゛   |、
.   /|   |::| リ、    .|::|    |:ヘ
.   /.:|   |::|  ゛r、ノ,,r"|::|   _|.: :ヘ
.  /: :|.   `ー——--r┴、⌒´ ).V:ヘ
.  i : (ヽ  _____l..__,.l,,_´) .| : :i
.  |: : | (_⌒ l..__,.l_____ ,, ィ|  | : :|
.  |: : | |丁           || :|  | : :|
.  |: : | |.:|           || :|  | : :|

           _ト、,、
        =ニ ̄ __ ` '';,、   あー 久しぶりに狩りたくなってきたわー
       ミ"  (rヽ ミ''" `ヽ  最近ご無沙汰だからなー
      ,,=ニ   ''" ミ" ィoュ\
     キ      i"     <)      —−== 二三=_
    /ミ゛ _ r-、 "、  ==ィ  —−二二ニ=≡三    ≡
   /  ム( i r⌒i "゛`,;ー-,,,ミ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ≡= ≡三ニ
  /    ノ   ⌒〉   ,;"           三ーニ  三= _=
 /    /    ナ´  r ミ゛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三ニ≡
 |    Y    /゛rノリ,,ド             ̄= ̄
 \      /    |                 シュッ
   `ー—— ´     |
   |          |

         ,、,, ,、,, ,, ,,
      ,,;' '" '' ゛''" '' ゛'゛' ';;,,
     (rヽ,;''"""''゛"''゛゛゛'';, ノr)   
    ,;'  |_\     /_|ヽ゛';, 
    ,;'" '|\● | | ●/|゛゛ `';, 
    ,;''' |   ̄ | |  ̄  |゛゛ `';,
    ,;''' |    (__)    |゛゛ `';,
    ,;'''  |  /     \  |  ,;' 
    シ、 \ \___/ /ヽ゛';, 
     /シ、  ヽ⌒⌒ /    リ\
    |   "r,, `"'''゛´  ,,ミ゛   |
    |      リ、    ,リ    |
    |   i   ゛r、ノ,,r" i   _|
    |   `ー——----┴ ⌒´ )
    (ヽ  ______ ,, _´)
     (_⌒ ______ ,, ィ
      丁           |
       |           |

がしゃがしゃのおじさん

2011年12月1日木曜日 · 0 コメント

281 名前:1/2[sage] 投稿日:2011/05/17(火) 20:54:26.87 ID:992OzIQ00 [1/2]
じゃあ、うちの実家に居た幽霊の話。通称「がしゃがしゃのおじさん」「がしゃがしゃさん」
基本子供にしか見えない。中学生ぐらいから自然と気にならなくなる。
なんで「がしゃがしゃ」かというと、鎧を着てるから。(鉄ずれの音がインパクトに残るようで)
少なくとも爺様が子供の時にはもう居たらしい。

家に入った泥棒はとっちめたり、子供のお守をしてくれたり、延焼を防いでくれたりと
一見守り神のようながしゃがしゃさんだが、実はかなり恐がりでドジ。
テレビやラジオのようなものは慣れたらしいが、俺が子供の時はカメラやファンヒーターに
びくぅ!とすくみあがる姿を何度も見た。(音や光にびっくりするらしい)

その最たるもので今でも語り種なのは、俺が子供の時の話。
沢遊びに行って、足を滑らせて深みにはまった従兄弟を助けようとして飛び込んだ父。
それと同時に何故か一緒に飛び込むがしゃがしゃさん。
「え?ついてきてたの?」と訳が分からないまま呆然と見てたら、父が従兄弟を抱えて岸辺に戻ってきた。
水飲んでないみたいだし大丈夫だな、よかったなー、と騒ぐ大人達をよそに、子供一同川に釘付け。
手足バタバタさせているがしゃがしゃさん……明らかに溺れていた。




283 名前:2/2[sage] 投稿日:2011/05/17(火) 20:57:34.46 ID:992OzIQ00 [2/2]
「うわあ助けないと!」と騒ぐ子供。俺は父に「がしゃがしゃさん溺れてる!」と言うと、
「鎧きてんのに何やってんだバカかー!」と父も慌て出す。
「どこらへんに居るんだ、俺もっぺん飛び込むから(父にはもう見えてない)」という親父を制し、
いつも冷静な兄貴が一言「……一度死んでるのに溺れるもん?」
しーんと静まり返った中、鎧の鉄ずれの音をさせてがしゃがしゃさんは川から浮き上がり、
バツが悪そうに背中丸めて立ち去っていった。

先日実家を取り壊す時に、十何年ぶりに姿を見かけた。
恐がりでドジなうえに泣き虫なおじさんだと判明。鎧はぼろぼろで落ち武者みたいだった。
親父や爺様にどことなく似ているから御先祖なんだろうか。
今では兄のところにいるがしゃがしゃさん。
電気ケトルのスイッチがきれるバチン!という音にびくびくしてると甥っ子が教えてくれた。

男性「パパになっていい?」

2011年11月23日水曜日 · 0 コメント

578 名前:なごむ[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 14:05:44.91 ID:RC9xj3mZ0
ファミレスにて。
お母さんと小さい女の子の親子、男性という組み合わせの三人が近くに座っていた。
どうやらお母さんと男性は結婚するらしい。

お母さん「○○ちゃん、ママね、この人を○○ちゃんのパパにしてほしいの。どうかな?」
男性「パパになっていい?」
女の子「……」
女性「……」(不安そう)
男性「……」(緊張した顔)
女の子「……(男性に向かって)パヘたべていい?」
男性「パヘ?あ、パフェ?いいよ」
女の子「ママ、パヘたべていいって!○○ちゃん、このひと好き!パパになっていいよ!」

判定基準それかい!と思ったが、
パフェが来るまでには既に女の子が男性をパパと呼び、
パフェが来たら
「パパ、さくらんぼたべる?」
と自分からすすめる女の子と、
安心した顔のお母さん、ニコニコデレデレしている新お父さんの光景に非常に和んだ。
気付いたら、周りの客や店員さんまで頬緩ませてその家族を見ていた。

幸せの青い高橋……幸せの青い高橋…!

2011年11月22日火曜日 · 0 コメント

335 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:32:41 ID:gg/zG8hV
男子高校生二人。名前は仮名。

吉田「物語作れって言われてもさ~、高橋なんか思いついた?」
高橋「来週までだろ?適当でいいんじゃねーの」
吉田「幸せの青い高橋……幸せの青い高橋…!」
高橋「やめろw」
吉田「青高橋」
高橋「www」
吉田「生八橋」
高橋「俺八橋嫌い」
吉田「幸せの生の八橋だめ…?」
高橋「だめ」
吉田「お前…京都土産に八橋を大量に買ってる俺を見てどう思ってたの?」
高橋「別にどうも思ってねえw」
吉田「湯豆腐のこと考えてたんでしょ!…ひどい、そんなに大豆がいいの!?高橋くんのばか!イソフラボン!」
高橋「八橋の中身って何入ってんの?」
吉田「八橋の中には夢と高橋がつまってるよ」
高橋「もうやだこいつw助けてw」
吉田「助けてください?」
高橋「うん」
吉田「高橋の中心で愛を……これだめだな、今の無し」
高橋「分かったw」

笑い堪えるの大変でした。

第1段階「否認」 含み損が膨らんで、まず現れるのがこの「否認」です。

2011年11月21日月曜日 · 0 コメント

112 名前:山師さん@トレード中 [] 投稿日:2011/11/09(水) 13:01:29.89 ID:p2xC2Dfx0
第1段階「否認」
含み損が膨らんで、まず現れるのがこの「否認」です。
「これは何かの間違いに違いない」
「自分に限ってそんなことは起こりえない」
という具合に、否認をすることで自分を防衛しようとします。

第2段階「怒り」
「否認」が維持できなくなると、ストップ安でも売れないことを認めざるを得なくなります。
すると、「怒り」が現れます。
「なぜ自分がこんな目にあうんだ!」
「一体私が何をしたというのか!」
というように、あらゆることに対して「怒り」が向けられます。

第3段階「取引」
十分な「怒り」を体験した後は、もはや避けられない今の現実を少しでも先延ばしにできないものかと、交渉する段階に入っていきます。これが「取引」です。
「何か人々の役に立つようなことをするから、追証を避けたい」
「もう2度と悪い行いはしないから、上場廃止だけは助けて欲しい」
このような「取引」は、主に個人が信じる「神」と行われます。

第4段階「抑うつ」
神との「取引」が成立しない、自分はもう死ぬしかないのだ、という心理状態にたどり着くと、「抑うつ」という段階に移行します。

第5段階「受容」
この段階まで来ると、損失を「受容」できるようになってきます。ゆったりとした平安な気持ちになり、死に向けて気持ちが整ったような状態になります。

もっと人間社会のありのままを描きたい!  ⇒ルネサンス(遠近法の発明)

· 0 コメント

宗教画の時代
 ↓
もっと人間社会のありのままを描きたい!
 ⇒ルネサンス(遠近法の発明)
 ↓
以降、写実性重視の時代がずっと続く
 ↓
19世紀ころ、写真の発明により画家達の生命ピンチ
 ↓
そんななか、日本の浮世絵に感銘を受けた一団
「3次元を2次元に忠実に写し取るより、
もっと感じるままに描いたらいいんじゃね?」
 ⇒印象派、ポスト印象派の登場

 ↓(ここから様々分岐、発展)

・「つか、色とかも見たとおり描かなくていいんじゃね?」
 ⇒フォービズム
 
・「形とかも見たとおり描かなくていいんじゃね?」
 ⇒キュビズムの登場・・・ピカソはたぶんこのへん

・「現実にあるものを描かなくてもいいんじゃね?」
 ⇒シュールレアリズムの登場

・「つか、もうどうでもいいんじゃね?」
 ⇒抽象絵画、ドリップアートとかいろいろ登場

童貞のまま25歳を迎えるとウィンガーディアム・レヴィオーサを習得

2011年11月20日日曜日 · 0 コメント

561 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/05/15(金) 13:10:05 ID:QXOuaZPa0
こんなのもあったな

* 童貞のまま25歳を迎えるとウィンガーディアム・レヴィオーサを習得し、魔力を授かる(ハリーポッター関連)。
* 30歳で回復魔法及びみくるビームを習得。
* 35歳で各世界を自在に行き来するできる存在と化し、歴代の仮面ライダーやウルトラマンに変身できる。
* 40歳で空中浮遊を習得し、世界中の言語を使える様になる。
* 45歳で若返りの魔法の発祥地幻想郷や天国への来訪を許される。
* 50歳で神の声を聞け、高度な魔法を使用出来る程の魔力を授かる。
* 60歳で波紋法やスタンドを使える様になる。
* 70歳でバルスを習得できる。万物を破壊できるッ!
* 80歳で他者の魂を吸収して力を付けれる様と変身能力に得る。
* 90歳で異天空間(トバリ)を使える様になり、強大な戦闘力を得る。
* 99歳で死者を復活させる力を得る。
* 100歳で気候変動を引き起こすポールシフトを習得できる。
* 111歳で不死身になれる。
* 120歳で言霊使いになれる。
* 156歳で相手の身長をhydeにする事が出来る。
* 160歳で無縁断世になれる。
* 200歳で本を読み、時を操る種族「時載り」になれる。
* 500歳で殺戮兵器を生み出せる。
* 900歳で「時砕き」となり、時間の狭間に住める様になる。
* 1000歳でイノセンスや特殊な指輪(リング)を生み出す力を得る。

朝鮮のことわざ 一覧

2011年11月19日土曜日 · 0 コメント

281 名前:Trader@Live![sage] 投稿日:2010/01/10(日) 19:18:58 ID:AeW3d1h6

朝鮮のことわざ

「女は三日殴らないと狐になる。」
「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ。」
「他人の家の火事見物をしない君子はいない。」
「弟の死は肥やし。」
「梨の腐ったのは娘にやり、栗の腐ったのは嫁にやる。」
「母親を売って友達を買う。」
「営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴る。」
「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける。」
「あんな奴は生まずにカボチャでも生んでおけば、煮て食べられたものを。」
「人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる。
「家と女房は手入れ次第。」
「野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ。」
「らい病患者の鼻の穴に差し込まれたにんにくの種もほじくって食べる。」
「一緒に井戸を掘り、一人で飲む。」
「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる。」
「川に落ちた犬は、棒で叩け。」
「泣く子は餅を一つ余計もらえる。」

ミック・ジャガーの来日ディナーショーだから、メシア降臨。

2011年11月18日金曜日 · 0 コメント

733 名前:774RR[sage] 投稿日:2011/03/31(木) 20:24:16.79 ID:SsIAUr3D
メル友ではないけど、姉とのメールや会話を友達には見られたくないなあ。

〈メールの一例〉
姉:おい!ママンが盗んだバイクで走り出した!
つーか今日、お前が尊敬してやまないミック・ジャガーの来日ディナーショーだから、メシア降臨。
(訳)あ、お母さんが車で出かけたみたい。
それよりも今日は、あなたの大好きな肉じゃがが夕飯なので、ご飯がすすむと思うよ。

私:行き先もわからぬままスーパー?
ミック・ジャガーマジェスタ?超いただきマンソン!!!!!今からガトリン。
ていうか、さっきコンビニでオズフェスみたいなババアに割り込まれて超ドゥンガ(^ω^#)
(訳)スーパーにでも行ったのかな?
肉じゃがってほんと?すごく食べるの楽しみ!今から早く帰るね。
ていうか、さっきコンビニでメタラーのようなパーマのおばさんに割り込まれて凄く腹が立ってるんだ。

姉:そりゃドゥンガだな。むしろ、ランボー怒りのオズフェスト。
つか今キースとかの準備忙しいから後にしてくれ。わかったか貴様ー!
(訳)そりゃ怒るよね。映画みたいに怒るよ。
ていうか今、肉じゃが以外の準備が忙しいから後にしてね。OK?

私:レンジャ─────!!!!!
(訳)OK

ニコニコ動画 AA

2011年11月17日木曜日 · 0 コメント

                      /⌒ ヽ              /\  /ヽ
                       /´・ω・`ヽ        ヽ、 lヽ'   ` ´
    きめぇwwwwwwww    ,ノ      ヽ、_,,, ニコ厨自重wwwwwwww
       きめえええwwvwww, '"´``Y'""``'j   ヽ     |
                { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,ktkrwwwwwwwwwww      ニ
                '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ      l  ——‐    ・
キタ━━━━━━━━!!   ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/     ヽ            ・
                  `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'       | ————  ・
                    ,ノ きめぇええwwwwwwwww
                   ./        ;ヽ       .|  ——┐
       ↓お前の人生wwwwwwwwww .;;;l       |.       |
      つまんね・・・・・・  .|      ,,, /    ;;;|       .|   ——┘
                   |   ,' ;;;l l ;;'i,   ;|      | ┌———
        ↓ねーよwwww   /  / l `'ヽ, 、;|      /.  | 一 -十
         俺のほうがマッチョだな ヽ  l  ,i|     /   | 口 ヽ|
                  l`'''" ヽ   `l: `''"`i     `l  / ヽノ \|
wwwww            l ,. i,'  }    !テラマッチョwwwwwwwwww
           ,, .--、,,__,,-' ̄;;"`´ ;; __  __, -—- 、;; ̄`l  ┌┐┌┐
  ちょwwwwwwwwなんぞこれwwwwwwww´|     l ヽ.,/  ││││
      /l ;;, -‐Y´| l  __  /`'| |   | l  l;|       l ヽ. └┘└┘
     /|;;;;ヽ/  .| | |.;;l_,-'l | V | |.l .|   .|    l  i i   | ;;l |  ○  〇

洗濯も掃除もしてもらって当たり前と思ってない?

· 0 コメント

823 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 11:35:38.01 ID:ip2jQlvN
先日テレビで嫁さんが毎日毎日ご飯作ってて
最初の頃は「おいしい」って言って喜んで食べてくれてたのに10年もすると何も言ってくれなくなるどころか
「毎日おいしいよ、って言わなくちゃいかんのか」ってキレられたみたいなことを誰かが言ってて
嫁さんが「ほーんと、誰かさんと同じだわ」と俺を睨んできて、
無視してると「洗濯も掃除もしてもらって当たり前と思ってない?
 ちょっとは感謝したら?」ときたので

「じゃあお前は毎日仕事してる俺に
 今日の仕事はここがよかっただのいちいち褒めるのか?
 俺がどんな仕事内容でどんな人間関係でどんなにしんどいかなんてこれっぽっちも知らんだろ?
 俺が何かお前に俺はこんなにしんどいのにこんなに仕事がんばってるんだ、ってアピールしたことあるか?
 お前こそ養ってもらって当たり前と思ってるんじゃないのか?
 10年もたてば俺の周りにお前よりいい女はいっぱいいるんだぞ?
 専業主婦風情が何を偉そうに俺に講釈たれてんだこの世間知らずが。
 お前は俺が機嫌よく過ごせることだけ考えて黙って俺に飼われてりゃいいんだよ。」

って本当のことを言ったら真っ青な顔してひどいって泣いて実家帰って3日後戻ってきた
という妻を泣かした武勇伝。

私の祖父は、孫娘の私が見ても紳士然とした人物だった。

2011年11月16日水曜日 · 0 コメント

83 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/02(月) 15:17:00 ID:p1mZwxDt0
私の祖父は、孫娘の私が見ても紳士然とした人物だった。
祖母に言わせると、出征前後でだいぶ変わったらしい。
酒タバコは一切やらず、賭博や女にも縁が無く、菜食主義者で几帳面。
それらのほとんどは、戦地から戻って始まった事だと言う。
想像もつかないが、暮らしがすっかり変わるほどの地獄を見たのだろう。
戦友の名を刻んだ位牌のようなものを仏壇に供え、一心に祈っていた姿を覚えている。
そんな祖父も、80半ば頃には痴呆症と言って差し支えない症状が出始めた。
ある早朝、大声で「イチ!ニィ!」と掛け声を掛けながら、上半身裸で家の周囲を走った。
それが最初だったと記憶している。
ある時は、昼のサイレンを聞いて「退避!退避!」と家中を騒ぎまわった。
ある晩には、「消灯~消灯~」と言いながら、家中の明かりを消して回った。
後で兄嫁に聞いたが、その時はその、営みの最中だったらしく、たいそう驚いたそうな。

84 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/02(月) 15:30:26 ID:p1mZwxDt0
どうも、症状が出ると一時的に戦争中の行動が出るようだった。
以前の祖父の穏やかさを知る人間には、少なからずショックだったが、
それでも徘徊や暴力とまでは行かなかったのが救いだった。
ただ、
嫁ぎ先の近い私が、息子と一緒に夕食を実家で共にした時だった。
メニューはすき焼き。祖父はいつも、肉料理は見向きもしなかった。
だからといって、家族が食べる分には気にした事も無い。
一緒に食事はとるが、手はつけない、「ハズ」だった。
「貴様ら供養はしたのかッ!!」
突然の烈しい声に、食卓の時間は一瞬止まったように感じた。
声の主、祖父を皆が見守る中、祖父はひとり、聞き取れぬ声でブツブツとつぶやき、
鍋から一切れの肉を拾い、口に入れた。
そして、一転して力ない声で、
「これはどこの肉だ・・・?」
と、母に尋ねた。ややあって、母が近所の肉屋の名を言うと、
「そんなことを聞いとるんじゃないッ!」
と、また激昂して言った。

85 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/02(月) 15:40:42 ID:p1mZwxDt0
頭に血が上ったのか、祖父は二、三度軽く頭を振り、
そのまま食卓を離れ出て行ってしまった。
母が後を追ったが、少しして戻ってきた。どうも仏間にいるらしい。
仏壇に手を合わせているようだ。
その後の食卓は静かなものだった。息子は半べそだったし。
半年ほどして祖父が入院し、さらに二年ほどして亡くなったが、
その間、何度か似たような事があったようだ。
当時は痴呆症の症例みたいなものだろうと思っていたが、その話を主人にした時、
「何、食ったのかな?」
と、言われた事が最近になって引っかかっている。
戦時中モード(?)の祖父
物なんて無かった戦争中
供養して食べた肉
そして位牌と祈り

おじいちゃん、何、食べたんですか?

やたらと不幸体質なAという同級生が居た。

2011年11月15日火曜日 · 0 コメント

428:本当にあった怖い名無し:2011/09/13(火) 00:46:22.48 ID:zr++0QIK0
不幸の経緯
高校生の頃、やたらと不幸体質なAという同級生が居た。
と言っても不幸な目にばかり遭うというものではなく、
「幸福を得ると目に見えて不幸にも遭う」というもの。
幸福の出所は運でも実力でも同様で、
・試験で良い点を取る→指を骨折
・部活でレギュラー入り→食中毒
・福引で空気清浄機ゲット→ゲーム機故障
こんな感じで一事が万事不幸が付いて回る。
それでも本人は明るく快活で「素直に喜べない」なんてふうも無く前向きな奴だった。
社会人になって2年後、Aと、同じく同級生だった女子から連名で葉書が来た。
おっ、と思って早速読んだらやはり披露宴の招待状。
2人の写真がプリントされてるんだがAは見るからに生傷だらけ。
そんな美少女娶るからだ ザマァwww
と、郵便受けにはもう一枚、「Aの家から」葉書が来ていた。
「真に恐れ入りますが、Aは事故に遭い亡くなりました。招待状のお返事は結構です。」
429: 本当にあった怖い名無し:2011/09/13(火) 00:46:53.07 ID:zr++0QIK0
その葉書にかなり違和感を感じたものの、
数人の同級生と連絡を取って、Aの家にお焼香だけでもさせて貰いに行くか という運びになった。
当日訪ねてみると葬儀は身内だけで済ませたとの事。
仏壇には遺影も無く白木位牌だけが置かれていた。
「態々ありがとうございます、あの子も喜んでると思います」
そういえば彼の体質の影響は家族にも及んでいたんだろうか。
母親とAの弟妹の顔には当然疲れが見えたが寧ろすっきりとした、晴れ晴れとした様子さえ見てとれる。
それはもう晴れ晴れとした……
帰り際、玄関を出ると友人の一人が呟いた
「…なあ、Aが事有る毎に痛い目見てたのってあのかz」
「黙れよウルセェな」
もう一人が遮った。
誰からともなく足早に自分たちの車に向かう。
後ろから「バキィッ メリッ」と木の板が割れるような音がしたが振り返らずその場を去った。
Aは自分に起こる不幸の経緯を誰にも話さなかった。
なら俺たちが今詮索しないのも当然だ、と自分に言い訳した。

初日から女子寮で韓国人とタイ人にいじめられた。

2011年11月14日月曜日 · 0 コメント

426 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/04(金) 19:46:39.61 ID:G6aLWCQN
アメリカにいたときの話でも

初日から女子寮で韓国人とタイ人にいじめられた。
日本人がここで人並みの生活することを許してやってもいいから金よこせ的なことを言われて
断ったら、二時間後から五時間後までちょっとした事件が起こった。
学生課に書類出しに行った帰りがけにバケツ水が上から降ってきて、
個室に戻ってきたらドアの取っ手こわされててベッドに赤と白のペンキがぶちまけられてて
部屋の中の物がPCから化粧品までいろいろ盗られてて、怒りとか悲しみ以前にわけわかめだった。
服も半分くらいゴソッと盗まれてたし。サイズ合わないだろうに。(私が145cmだから)
パスポートなどの一式は携帯してたから無事だった。

取っ手壊れたドアぶらぶらさせたまま、とりあえずタオルとジャージ持ってシャワー室に
向かおうとして部屋を出たところで、香港人の女の子と鉢合わせした。
叫ばれた。
「アイヤー!どうしたの!ひどいかっこう!」という絶叫で他の中国人の子たちも出てきた。
三人のチャイナっ子に囲まれて、貧弱な英語で「水が上から来た、私の部屋、泥棒入った」とか
説明した。
やいのやいのと捲し立てる三人にシャワー室に放り込まれて、雑巾スメルを落として部屋に
戻ったら三人が片付けをしてくれてた。マジに感謝した。

三人にお礼を言うと、ぎゅうぎゅう抱きしめられて「学生課に電話したから管理人がドア直して
くれるよ」「すぐ来るから事情説明しなきゃ。ちゃんとできる?」「髪ちゃんと拭かなきゃダメ」
「お茶いれるよ、中国茶は好き?」ってマシンガントークされた。
聞き取りは出来るけど英語喋るほうは苦手だったから焦った。
メモ帳を出して出鱈目な漢文を書いた。「我感謝 汝之仁愛心」みたいな
英語よりそっちのほうが通じた。大陸出身の二人は読めない字もあったけど、香港の子は繁体字
も読めたので、私の出鱈目漢文を解読してくれた。
管理人への事情説明も、香港さんが通訳してくれた。管理人のオバサンから見たら変な光景だっ
たと思う。コマ割りしたメモ帳に棒人間と矢印と英単語と漢字をちゃんぽんで書く日本人と、
それを翻訳する香港人ってのは。





427 :つづき:2011/11/04(金) 19:48:13.26 ID:G6aLWCQN
それが終わってから、ペンキでダメになった寝具をゴミに出して、散らかったものを全部片付けて
盗まれたものをわかるだけリストアップした。
三人がドミトリーに呼んでくれたので、改めて自己紹介をしあった。
香港さん、福建さん、黒龍江さんはジャスミン茶とパチモンのコアラのマーチでもてなしてくれた。
三人とも日本の漫画アニメ、小説や音楽、あと福原愛ちゃんが好きだと言って、集めたグッズを
見せてくれた。
夜まで話して、福建さんの手料理をごちそうになって、「一人出てったばかりでベッドひとつ
空いてるから、こっちで寝たらいいよ」と泊めてもらった。

翌朝、なんかすごい声で目が覚めた。部屋のドアのとこで泣き叫びながら土下座してるタイと韓国
がいた。盗まれたPCと化粧ポーチが戻ってきた。なんか服は戻ってこなかったけどお金置いてった。
水被ったせいで風邪っぽくなり熱が出て、最初の授業は出られなかった。
パチモンのキティちゃんとケロッピの毛布にくるまって、ドミトリーのベッドで寝込んだ。

三人が授業から帰ってくると、おかゆとか卵スープ作って食べさせたり薬飲ませてくれたりと看病
してくれた。ありがたいのと迷惑かけて心苦しいので、お礼言いながら泣けてしまった。
そしたら「ナカナイデー、ゲンキダシテー」と日本語で言って、三人でユーミンを歌ってくれた。

二日後に熱が下がって、学校の授業に出ることができた。
寮に帰って、個室からドミトリーに荷物を全部移した。ドアの修理に時間かかりまくりで、実に
十日たってもそのままという状態で、気づいたらドミトリーの住人になっていた。
三人は優しかった。毎日ごはん作ってくれたし、英語も中国語も教えてくれた。
何もしないのも悪いと思ったので、部屋の掃除は私ががんばった。
半年だけだったけど、楽しい共同生活だった。





428 :つづき2:2011/11/04(金) 19:49:04.69 ID:G6aLWCQN
学校でポーランド人とハンガリー人の友達ができた。二人とも腐女子だった。
他にはインドネシア人の女の子とも仲良くなった。この子は中島みゆきのファンで、『銀の龍の
背に乗って』をいつも歌っていた。こないだ電話したらアメリカで会社作ってた。

留学期間の残り半年は、老教授の家で間借りした。教授と一緒に放課後の散歩をしたり、頼まれた
本を日本から取り寄せる手続きをしたり、洗濯と掃除を奥さんの代わりにやるだけで、タダみたいな
部屋賃でお世話になった。
二人とも私のおなかがすいてないかどうか一日中心配してやたら食べ物をくれるし、休日は遊園地に
連れて行かれて風船を買ってくれるし、もちろん学校の勉強も見てくれた。
「英語スキルアップのために母国語禁止」だったから、家ではずっと英語だったけど
散歩中に奥さんの目がないところで、教授は私を相手に日本語会話の練習をしていたw
日本に帰って大学に入ったときに国文専攻して二外で中国語取ったのは、アメリカで会った人たち
の影響です。

母「嘘つくのは苦手なので!」

2011年11月13日日曜日 · 0 コメント

937 :彼氏いない歴774年:2011/11/04(金) 18:56:42.76 ID:GAaILj/g

駅の改札にて
小柄で中学生くらいに見える母親が改札前で待ってるところに
JKが改札の中から出てきた時の会話

JK「あー!お母さん!何々?迎えに着てくれたの?ww」
母「娘じゃないよ、お父さん迎えに着たの」
JK「ひどww嘘でもそう言って欲しかったなぁ」
母「嘘つくのは苦手なので!」
JK「威張るとこじゃないよwってかお父さん帰るの今日だったかぁ」
母「2週間長かった~、早く来ないかなぁ」
JK「最初の頃、お母さん毎晩泣いてたもんねww」
母「泣いてないから」
JK「でも私もお母さんの娘だからなぁww」
母「?」
JK「嘘つけないんだよねぇwwww」
母「お願いだからお父さんには言わないで」


外見的にはJKとその妹だったのに、まさか親子だとは思わなかった
仲良い親子で羨ましい

捕まったらゴメン!犯罪者になっても許してくれ!愛してる!

2011年11月12日土曜日 · 0 コメント

537 :1 :2011/09/21(水) 07:25:44.95 ID:SHrCg+uo
ある初夏の深夜、隣の家で怒鳴り声&子供の泣き叫ぶ声がして(お互い網戸だった)
隣家のベランダで、ガタガタいう物音と「ごめんなさい!もうしません」と子供の悲鳴。
怒られて、ベランダに出されてるのかな?
隣は離婚して今は母子二人だから、お母さんがお父さん役もしなきゃならないからなー。
と、呑気にうとうとしていたら夫に揺さぶられ起こされた。
「様子が変」と真剣な顔の夫につられて耳を澄ますと、大人の男性の声もする。
うちのマンションは、室内にも洗濯機置き場があるのだが、ベランダにも蛇口があり
隣家は、元旦那さんが草野球をしていてユニホームが泥だらけになるというので
ベランダに汚れ物専用の洗濯機を別に置いていた。
「さっきの物音、洗濯機がガタガタいった音じゃない?」と聞かれて、私も事態の異常さを悟った。
少し前にそういう虐待死がニュースでやっていた頃だった。
泣き声がくぐもって聞こえるのは、もしかして洗濯機の蓋を閉めた?と夫婦で慌てていると
「これスイッチ入れちゃおうかww」と男の声。
母親は「まさかww」と言いながらも止める気配は無い。
その会話で、子供が洗濯機に入れられているのを確信。
「警察に通報する?」「大家さんの方が早いけど、この時間じゃ寝てるよね」
「じゃあ児相?番号は?(この時まだ子無し)」「とにかく警察に」とあたふたしていたら
水道の音と、くぐもった子供の悲鳴と大人の笑い声。
夫が「警察呼べ!捕まったらゴメン!犯罪者になっても許してくれ!愛してる!」と
ベランダに飛び出し、仕切の板を蹴破りました(避難用に簡単に蹴破れる)。

538 :2 :2011/09/21(水) 07:27:13.08 ID:SHrCg+uo

夫の怒鳴り声と、争う男性の声、母親の悲鳴がしましたが、とにかく警察に通報。
自分の住所を聞かれ、何故か学生時代の下宿の住所を言ってしまう程パニックを起こしながらも
なんとか事情を伝え、夫に加勢しようと枕(多分武器のつもりだった?)を持って私も隣家のベランダに。
既に、夫は子供を抱き上げていて、見知らぬ男性が蹲っていました。

幸い夫は捕まることもなく、訴えられることも有りませんでした。
隣家にいた男性は、母親の彼氏だったそうです。
二人は捕まりましたが、母親は半年もしないうちに帰ってきて引っ越しました。
子供は父親が自分の両親と同居することを条件に親権を勝ち取り引き取りました。

真赤なバイクに乗ったサンタさんに出会えたお陰で、今のこの幸せがあるんだと思う。

2011年11月11日金曜日 · 0 コメント

591 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/03(木) 20:02:27.58 ID:g5rysqqu

ちょっと上にバイクの話が出てたのと、時期的に近いのもあって昔の話を一つ。

10年ほど前、大学を卒業し、社会人として上京した最初の年。
知らない土地で周囲に気を許せる様な人もおらず、慣れない仕事に四苦八苦していた。
年末も仕事がぎっしり入っており連日残業、折角のクリスマスも職場を出たのは23時頃。
帰りにコンビニで買い物して外に出ると、雪まで降る始末。
いつまでも仕事で成果を上げられず、毎日目の前の業務に忙殺されて、
愚痴も相談も聞いてくれる人も見つけられず、
世間は浮かれている中自分は遅くまで残業して、さぁ帰ろうかと言う時に雪まで降って、
寒いやら惨めやら情けないやらで、建物の横の暗がりでしゃがみこんでしまった。

どれ位そうしていたか、突然眩しい光に照らされて思わず顔を上げた。
どうやらバイクが入ってきた様だが、よくよく見ると乗ってる人はサンタの格好をしている。
呆気にとられてついまじまじと見言っていると、それに気付いたかバイク乗りの方は
「メリ~クリスマ~ス」
とにこやかに声をかけてくる。以前呆然として声も出ない私。
「…おや、元気ないね。ちょっと待ってて」
バイク乗りの方はコンビニに入ったと思ったらすぐに出てきて、
「コーヒーとお茶、どっちがいい?あぁ、クリスマスプレゼントだから受け取って。しょぼいけど」
つられてお茶を頂いて一口飲んだ。じんわりと暖かかった。
「いや~クリスマスがなんだってんだよねえ」
「俺、予定もやる事も何もないもんだからさ、ついついこんなカッコでうろついてたんだ」
「そしたら街中での人気っぷりったら。プライベートはからっきしなのにね~」

と明るい調子で話し始めた。
彼の自虐を交えたジョークなんかもあり、ついつい噴き出してしまった。
そんな感じで暫く立ち話をした後、彼はヘルメットに付けていたサンタ帽をはがして、
「ゴミになる様だったら捨ててくれていいよ、手間かけて悪いけど。」
と私に被せて、
「お詫びと言っては何だけど、貴方が泣いていた理由を俺が持って行ってあげるよ、なんつってね」
と最後まで調子の良い感じで、バイクで走り去って行った。
帽子の中にはチロルチョコが2個入っていた。


592 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/03(木) 20:03:24.11 ID:g5rysqqu
それから、本当は帰郷する予定もなかったけど
何とか電車を手配して年末年始は実家で過ごし、また頑張ろうと心機一転、戻ってきた。
あの人の乗っていたバイクを知りたくて調べている内に、
段々と話せる人も増えていき、仕事も何とか回せつようになり。
なんだかんだで今では夫と2人の子供と平和に暮らせている。

子供にはサンタさんは本当にいるんだよ、会った事あるよと話している。
真赤なバイクに乗ったサンタさんに出会えたお陰で、今のこの幸せがあるんだと思う。

①TPPが国内法に優越することを知らなかった

· 0 コメント

28:日出づる処の名無し :sage:2011/11/11(金) 16:36:00.08 ID: Cj1p0Rp5 (1)
twitterでも野田総理の答弁として流れて来てました。
①TPPが国内法に優越することを知らなかった
②10年間で関税全廃することを知らず、保護できる関税があると思ってた
③今からでは交渉参加は半年後。条件闘争出来ないことを知らなかった
④ISD条項を知らなかった
⑤TPPよりASEAN+6が国益であることを隠してた

ついでに、TPP加入でGDPが10年間で2.7兆円増という試算は
「農水業関連の現在の関税や規制を守ったまま」という条件での試算だったことが判明。
全関税を10年内に撤廃するTPPの本質を知らない試算だったらしいと言う話

第1段階「否認」 含み損が膨らんで、まず現れるのがこの「否認」です。

2011年11月10日木曜日 · 0 コメント

112 名前:山師さん@トレード中 [] 投稿日:2011/11/09(水) 13:01:29.89 ID:p2xC2Dfx0
第1段階「否認」
含み損が膨らんで、まず現れるのがこの「否認」です。
「これは何かの間違いに違いない」
「自分に限ってそんなことは起こりえない」
という具合に、否認をすることで自分を防衛しようとします。

第2段階「怒り」
「否認」が維持できなくなると、ストップ安でも売れないことを認めざるを得なくなります。
すると、「怒り」が現れます。
「なぜ自分がこんな目にあうんだ!」
「一体私が何をしたというのか!」
というように、あらゆることに対して「怒り」が向けられます。

第3段階「取引」
十分な「怒り」を体験した後は、もはや避けられない今の現実を少しでも先延ばしにできないものかと、交渉する段階に入っていきます。これが「取引」です。
「何か人々の役に立つようなことをするから、追証を避けたい」
「もう2度と悪い行いはしないから、上場廃止だけは助けて欲しい」
このような「取引」は、主に個人が信じる「神」と行われます。

第4段階「抑うつ」
神との「取引」が成立しない、自分はもう死ぬしかないのだ、という心理状態にたどり着くと、「抑うつ」という段階に移行します。

第5段階「受容」
この段階まで来ると、損失を「受容」できるようになってきます。ゆったりとした平安な気持ちになり、死に向けて気持ちが整ったような状態になります。

すみません…1万円札しかないんです…

· 0 コメント

6 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 01:23:28 ID:YdN45/Fr
先日、最終バスで帰宅中のこと。バスの中で小銭がまったくないことに気づいた。
千円札さえなく、あるのは万札のみ。頭を抱えつつ、勇気を出して目的地に着く前に
運転手さんに「すみません…1万円札しかないんです…」と話しかけた。

うちの地元のバスは運転が荒いわ乗客を急かす(乗り込んでる真っ最中なのに
『ドアが締まりませんのでステップに立たないでください』とか放送を流す、とか)わ
正直ガラもあんまりよくないので、「困るんだけど!!」とか怒鳴られるかとビクビクしていた。

そうしたら、運転手さん「え…?うーん」としばし悩んだあと「うん、座っとって」とぶっきらぼうに言って、
そのままバスはその先にあったのコンビニ前で停車。「ああ、降りてきて両替してこいってことか…」と思い、
降りようとしたら「ちょっと待っとって」と運転手さんが降りていく。そしてコンビニへ走っていく。
しばらくして、運転手さんは買ったらしい小さいペットボトルを持って急いでバスに乗り込み、
「お待たせしました~」と発車。もう私この時点で恐縮しきり。

程なく目的地に着き、私が申し訳なさでいっぱいになりながら1万円札を差し出すと
「はいこれ、9千円と、バス賃260円引いて740円な。」とコンビニで崩したお金を差出してくれた。
あまりに申し訳なさ過ぎてその中から200円差し出し、
「あのこれ、飲み物代に。ご迷惑おかけして本当にすみません」と言うと、運転手さんバッタバタ手を振って
「ああいらんいらんそんなもん!それよりまた乗ってな、暗いけん気いつけて。」と言って、
私が降りるまでバスを停めて、発車するときクラクション一つ鳴らして去っていった。

なんかもう仕事でクッタクタになってたけど、ものすごく嬉しかった。
同時に、ガラが悪いとか因縁つけられるかもとか想像しちゃった自分が恥ずかしかった。
また乗るとは思うけど、その時はちゃんと回数券用意します。
長文失礼しました。

東京人と朝鮮人はいかに似ているか

2011年11月9日水曜日 · 0 コメント

東京人と朝鮮人はいかに似ているか

・東京人/朝鮮人は悪いことはすべて他県/日帝のせいにする。
・東京人/朝鮮人は他県/日本が自分たちを助けるのは当然だと思い、助けないのは許されないと思っている。
・東京人/朝鮮人は自分たちの義務や責任には一切触れない。
・東京人/朝鮮人は他県/日本のおかげでいい暮らしができているくせに、いい結果はすべて自分たちの手柄にする。
・東京人/朝鮮人は山ほどの恩恵を受けているくせに、他県/日本を憎悪し蔑視する。
・東京人/朝鮮人は自分たちにだけ都合のいい制度を山のように作らせる。
・東京人/朝鮮人は自分たちより圧倒的に弱い相手に対しては猛烈に残酷になる。
・マスコミや市民団体は全面的に東京人/朝鮮人の味方である。
・東京人/朝鮮人は他県/日本に迷惑をかけることが平気である。
 しかし自分たちが少しでも迷惑を受けると狂ったように騒ぐ。
・東京人/朝鮮人は、自分たちが責められそうになると、自分たちは哀れな被害者だと
 わめいて同情を引こうとする。

・最後に、東京人/朝鮮人は、自分たちの悪行や卑劣さを指摘されると、絶対に反省せず
 狂ったように逆切れする。

卒業したらA男と結婚したい。結婚して専業主婦になりたい

2011年11月8日火曜日 · 0 コメント

308 名前:恋人は名無しさん 投稿日:2007/10/16(火) 21:06:09 LVZ+Gold0
暇だしあんまり修羅場じゃないけどネタ投下する

私子…29歳・会社員
A男…24歳・私子と同じ会社、同じ大学出身
B子…19歳・A男の彼女・短大生
C子…31歳・私子の高校の先輩

私子とA男は同じ大学卒で先輩として就職相談に乗って以来、仲が良く
部署は違うものの、帰り道も同じ方向で時々一緒に飲みに行くような仲だった
その頃、A男はB子との関係で悩んでいた
B子はもうすぐ短大を卒業なのに就職活動もせず
「卒業したらA男と結婚したい。結婚して専業主婦になりたい」とA男を困らせていた
まだ社会に出たてで社会人としての自信ももてず、給料も少ないので専業主婦なんて無理というと
B子は泣きながら「じゃあウチで暮らして親に養ってもらえばいいじゃん!」と言うらしい
ちょっとメンヘルの気があるんじゃない?なんて飲みながら喋っていた



数日後、A男と廊下ですれ違った時、ゲッソリとやつれた青白い顔に気付いた
私子は昼ごはん奢るから、とA男を呼び出し話を聞いてみた
ここ数日、B子からの「結婚したい」というプレッシャーが凄く、あまりにも負担に感じ
夕べ電話でそれとなく別れを匂わせたところ、電話の向こうで「今から死ぬ」と言いそのまま返事がなくなった
急いでB子の家に電話をするとB子の妹がでて「姉がお腹に包丁を突き刺し自殺未遂をして
今、救急車で運ばれたところだ」と言われ、急いで病院へ駆けつけた
そこで、B子両親から「娘を捨てるのか」と泣きながらなじられたらしい


私子はあまりにも落ち込んでいるA男が可哀想で、日曜日に友達と行く予定のBBQに誘ってみた
当日、A男はC子にほとんど一目ぼれだったらしい
C子は26歳の時、婚約者に裏切られ(他の女を孕ませたので別れて欲しいといわれた)た過去があるけれど
性格は良い子だった
翌日、A男から飲みに誘われた席で「B子とちゃんと別れてからC子に付き合いを申し込みたい」と真面目な顔で言われ
「B子のことをちゃんとケリつけること」と「年齢差をちゃんと最初から理解しておく」ことを確認し、応援するよ、と言った
ただ、別れるのならB子みたいな子は二人っきりで話すより、ファミレスや喫茶店で大勢の前で話をしたほうがいいよ、とアドバイスした

しばらくしてA男から「B子と別れた」というメールがきた
翌日のみに行って詳細をきいた
アドバイスどおりファミレスで別れ話をしたところ、B子は意外なほどすんなりOKした
その代わり「自分がどういう人に負けたのかを知りたい」とC子について詳しく聞きたがった
A男は「ちょっと年上だけど可愛い人だよ」程度に言っておいた…とのこと
まぁ、そういうことなら後は頑張ってね、とC子のメアドを渡し、数日後A男とC子は付き合い始めた

1ヵ月ほど経って、その日も飲みにはいかなかったけど、何となくA男と二人で一緒に駅まで帰っていた
C子と上手くいってるの?どういうとこにデートにいくの?なんて軽くからかいながら歩いていると
コンビニの前に若い女の子がいて、こっちを睨みつけていた
何だか気持ち悪くてそのまま知らん顔したまま通り過ぎようとすると、隣でA男の呟く声が聞こえた
「B子・・」



B子は「A男クン。その人なのお?」と妙に甘ったるい声で話しかけてきた
「・・・は?」「何が?」私とA男がポカーンとしていると
「そのおばさんがA男クンの新しい彼女なのおぉ?」と今度はもんすんごい笑顔で聞いてきた

「え?」「違っ」誤解を解こうとするよりも早く、B子が持っていた傘で私に殴りかかってきた
「ばばあ!クソばばあ!死ね!」とかそんな言葉を吐きながら
私は瞬間的に傘で目を付かれて失明した大学生のニュースを思い出し、持っていた鞄で顔を庇った
「死ね!死ね!」と叫びながらB子は私の頭や肩を傘でガンガン殴ってきた
A男が「B子やめろ!」と叫び後ろからB子を羽交い絞めにした
すると、B子は「うがー」とか「うごー」とか意味のわからない叫び声を発し、A男の腕に噛み付いた
それでもA男が腕を放さないと今度はA男の親指の付け根辺りに噛み付いて、A男の腕とB子の服が血まみれになった

通りすがりの人が、B子を一緒に取り押さえ、警察に電話をしてくれた
A男は左腕に噛み跡と親指の付け根の辺りの肉を食いちぎられていた
B子は警察がきてもどこか目が虚ろで時々独り言のようなことを呟いていた

ちなみに一番怖かったのは、B子が口をもぐもぐさせていたので警察の人が
「君、何食べてるの?」と聞くと、B子は笑顔で「ん~。A男の肉」と答えた事
絶対マトモじゃないよこの子…と思った

以上、関係ないのに勘違いされて巻き込まれた修羅場(?)の話でした



B子さんはボーダー?とかいう病気らしく
その事件のことは「カイリが起きて記憶に無い」らしいです
その後、B子は精神科へ入院したと聞きました

ただ、入院するまでにA男に付きまとい行為等を繰り返し
A男自身も一時心療内科へ通っていたそうです
現在は通ってないようで、C子とはお互いの家を行き来する仲で
おそらく来年くらいに結婚する模様


316 名前:恋人は名無しさん 投稿日:2007/10/16(火) 21:24:10 rypZuXBJ0
>>313
乙でした

両親から慰謝料とかもらった?
両親も狂ってるパターンかな?


317 名前:恋人は名無しさん 投稿日:2007/10/16(火) 21:33:01 LVZ+Gold0
>>316
小額だけ貰いました

もともとB子の家もそんなに裕福ではなく複雑な家庭で
一緒には暮らしていないはずのB子のお祖母さんに泣きながら謝られて
こっちが申し訳なくなってしまった…

詳細聞くと、お母さんは実母ではないし、妹とも半分しか血はつながって無いし
父親は失踪癖のあるDQNだしで、B子も可哀想だな、とちょっと思った

1989(90)年生まれの軌跡

· 0 コメント

1989(90)年生まれの軌跡

6歳 1995年 阪神淡路大震災 地下鉄サリン事件
8歳 1997年 アジア通貨危機 もののけ姫公開
9歳 1998年 松坂フィーバー パワプロ98にはまる
12歳 2001年 アメリカ同時多発テロ
13歳 2002年 日韓WC 急にサッカー始める友達多数
15歳 2004年 新潟中越地震
17歳 2006年 イナバウワー流行る
19歳 2008年 岩手・宮城内陸地震
20歳 2009年 リーマンショック 高校で大手に就職した友達が勝ち組に思えてくる
22歳 2011年 東日本大震災 福島原発事故 円高ヤバイ TPP参加? ←今ここ

おなら、こいてしまったんですか!!!!????

2011年11月7日月曜日 · 0 コメント

60 名前:以下、VIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 21:36:37.99 ID:iLJkhK1Y0
「おなら、こいてしまったんですか!!!!????」

多分、私の周りに微妙に異臭が漂っていたのだろう。
はい、こきました。気持ちよかったです。と答えた。
すると、「うちの特番は初めてですか?(答える間もなく)何故おならをこいたんですか?
CMに入る前に何故おならをこいたのですか? ルールがあるじゃないですか。
まずCMをというルールがあるじゃないですか!」
と髪の毛を掻きむしりながら、持ってきたカツラを手放さずにこう言った。

「これをお出しすることは出来ません。マナーに反する人はお帰りください」
唖然とした。「だって我慢できなかったから、こいちゃいけないなんて聞いてないからこきました。
じゃあ、今からノイズだったことにしますよ。で、空気清浄機の電源を入れますよ。
それでも駄目なんですか?」と訊ねたら、また同じことを言われた。
高島を見たら、高島は「あちゃー」という顔で奥でもじもじしている。
そっか、わかった。次は大塚さんだ。3秒ほど無表情で見詰めたら、反応があった。
「米倉さんは生放送に出ますか? 911テロって知ってますか? 
9月11日におならをこきますか? そういうことです。そんな神経の人に出てもらっては困るのです」
ここでまた草なぎがかまし始める。
「うちは少ない頭髪で必死にやっているのですよ。これ以上ストレスがたまったら、やっていけないんですよ。
がんばった大賞で放屁をされたらふんばった大賞になるじゃないですか? 
そんな人にブボボ(`;ω;´)モワッをされたら、もう終わりなんですよ、はぁーはぁーはぁっ」

遅い!お婆ちゃんになっちゃうじゃん!!

2011年11月6日日曜日 · 0 コメント

447 名前:名無しさんの初恋[] 投稿日:2011/11/05(土) 20:03:46.04 ID:rv9UqRTP
マックで隣の席の少し性格のキツそうな女子高生の所に彼氏が二人分の注文を持ってきた。
彼女が「遅い!お婆ちゃんになっちゃうじゃん!!」と言うと、
彼氏は嬉しそうに「へえ、お婆ちゃんになっても待っててくれるんだ。」
彼女は「バカじゃないの…」と恥ずかしそうに俯いた。
俺のポテトはしょっぱかった。

昔のストーカーの話

· 0 コメント

712:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 00:21:00 ID:???
かなり前の話(25年位。。)私の母親の話なんですけど、良いですか?昔のストーカーの話です。

私の母が、私の父と婚約を発表したのが今から25年前です。
母が22歳、父が26歳でした。当時の母は、今の皇后陛下の
若い頃にとてもよく似ていて、すごくもてていました。
(写真を見ましたが、本当に似ていました)

母は今でも父が勤めている会社の事務員で、父とは社以内恋愛
でした。婚約を発表した後、次から次へと「あいつと結婚するなら、俺と結婚して」とプロポーズが相次いだそうです。

その中に、以前から母に手紙を送ったり、プレゼントを贈ったり
していたAさんと言う人がいました。当然、母は断ったのですが、父との結婚式が近くなり、母が会社を退職の話が出始めた頃から
Aさんの様子が変わりました。


713:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 00:29:00 ID:???
まず、変化その一。
毎朝、母の家(両親と同居)の郵便ポストに、左手で書いたような、へたくそな文字で書かれた「おはよう Aです」と言うカードが
新聞が着くより先に入っている。(新聞屋さんが証言)

変化その2
会社に出勤するために駅のホームに行くと、駅のホームの掲示板に
「いってらっしゃい、(母の名前)さん。Aより」と書かれている。
掲示板は毎日終電の後に、綺麗に消すので毎朝書いていることになる。

変化その3
父と仕事の後に食事などをしていると、自宅の両親のもとに、「(母の名前)さんが、見知らぬ男性と食事をしています。身の危険が
あるので、警察に連絡をしてください」と同じ声の人から電話がかかる。
(あとで、Aさんだったと分かります)

変化その3
駅から家まで、歩いて役10分程度なんですが、Aさんの声で
「(母の名前)さん、どこへ行くの?」と声を掛けられる事が
何度か会ったそうですが、不思議とAさんの姿は見当たらない。
(某、空家に入り込み、窓から顔だけ出して声をかけていた)

まだまだ色々とストーカー行為があったそうですが、長くなるので
次にいきます・・。


717:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 00:45:00 ID:???
父と母は会社の上司に相談し、Aさんに事情を聞きました。
でも、Aさんは罪を認めなかったので、警察に行く事に・・・。
ただ、当時の警察はこのくらいでは動きません。
でも、父の実家は山口県の政治家一家だったので、名前を出したら
すぐに調査に出てくれました。

まず、毎朝ポストに入っていたカードを持っていきました。
カードにはAさんの名前がフルネームで書かれていたので、そのまま証拠として警察が預かりました。

次に警察の方と駅に行き、駅員さんに「毎朝、始発に乗って
駅の掲示板に伝言を書いている若い男性がいる」との話を
きき、Aさんの写真を見せたら「このひとですよ」と
言いました。

次に、声だけの事件です。母はこれを一番気味悪がっていました。
警察の方にどのあたりでいつも声がするのかを話すと、あっさりと
「きっと、空家にでも入り込んでいたんでしょうね」と言われ、近くの空家を物色すると、Aさんが使ったと思われる、ジュースや
弁当のゴミが散乱していたそうです。ついでに、大きなタオルの
ようなものもあり、そこに寝泊りしていた事も分かりました。


719:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 00:52:00 ID:???
ただ、この中で唯一罪に出来るのは、無断で空家に入り込んだ
事くらいで、他の事では罪には出来ないそうです(当時の話です)

でも、警察のほうからAさんへ脅しの電話をかけてくれると
言う事になり、父も母もこれで一件落着だろう、と思っていました。
でも、Aさんが行方不明になってしまったのです。おそらく、警察の
電話が逆効果になってしまったんだと思います。

そして数日後、Aさんが他県で窃盗をし、起訴されたので結婚式に
警察が張り込み、Aさんが来たら逮捕します。と連絡が入りました。
せっかくの結婚式なので、警察には来て欲しくなかったそうですが、万一Aさんが変な事をしたら嫌なので、警察の入場を許可しました。


721:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 01:07:00 ID:???
そして、想像通りAさんは結婚式にやってきました。
父と母の結婚式は、当時ではかなり大規模なもので、正装して
やってきたAさんは、始め人にまぎれて分からなかったそうです。

でも、警察の方はすぐに見つけました。顔の表情が違ったそうです。
他の人たちと違って笑顔が無く、ギラギラした目つきだったそうです。
Aさんはすぐに捕まり、結婚式は無事に終わりました。

でも、ここで新たな問題が発生しました。それは、Aさんが持っていた
結婚式の招待状です。これは本物で、Aさん以外の人の名前が入っています。
そして、招待状の本人は来ていません。まさか、このくらいで殺人
なんてと誰もが思ったそうですが、殺されていました。殺した理由は、「結婚式の招待状が欲しかったから」と言う、とんでもないものです。

父の実家が圧力をかけたので、表ざたにはなりませんでしたが、地元ではかなり騒がれたそうです。

そして、これには後日談があって、実はAさんはその8年後、私が6歳で、小学校の入学式の時に刑務所を出てきました。
父が心配をして、小学校の先生に連絡をし、特に私に注意を
するようにお願いしてあったそうです。

入学して数週間後、Aさんは私の小学校に来て、私に声をかけました。
私はなんとなくとしか、覚えていないのですが、知らない叔父さんが
汚い格好で私の手をつかみ、とても怖かった事だけを覚えています。

助けてくれたのは先生ではなく、警察の方でした。様子がおかしい、と言う事で、しばらくはAさんの周りを監視していたそうです。

私は、小さい頃からAさんの話を聞かされていて、それが原因で
小さい頃は人見知りが激しく、すこし暗い時期を過ごしました。


725:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 01:17:00 ID:???
>>721すいません、長すぎてしまったみたいです・・。

声をかけた、と言うだけでは罪にはならないので、Aさんは
警察のほうから「注意」を受け、今後執行猶予が終わるまで私に
2度と近づいてはいけない、と言われたそうです。

でも、それからしばらく「おじさん」というだけで私は怖くて、家の中に閉じこもっていました。でも、高校まで無事に進み、家族の誰もがAさんのことを忘れかけた頃、またAさんのニュースが
入りました。それは、Aさんの自殺です。

私が高校2年生の頃の事で、はっきりと覚えています。
身元の確認はAさんのお兄さんがしていました。
そして、Aさんのアパートの押入れに、私達家族のプロフィールと
写真が、山のように入っていました。
とくに私の写真が多くて、小学校から高校まで、日付とコメント付きで
ありました(でも、私は父似で母には似てないんですがね・・)


732:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 01:27:00 ID:???
写真はとても不気味で、白黒写真に、私にだけ赤のサインペンで
色が塗ってありました。

気味が悪いものだから、と言う事で父に一枚しか見せてもらえません
でしたが、それだけでも十分で、しばらく意味も無く吐く日があり、男性恐怖症のようになってしまいました。

Aさんの両親はすでに他界していて、お兄さんから何度も何度も
頭を下げられました。Aさんのお兄さんも、Aさんが原因で、まともな
職につくことが出来ず、いまだに一人身で不幸そうな雰囲気を持って
いる人でした。でも、私には同情する余裕はありませんでした。

ストーカーを規制する法律が出来た、とニュースで見たとき、私と母は泣いて喜びました。母の時代にストーカー法があったら、私達家族ももっと幸せにすごせたのに、と残念でなりません。

今は付き合っている人がいるのですが、結婚とかは考えられません。
Aさんのことがあるし、どうしても彼を信じきれないんですよね・・。

(では、ここで終わりです。長々と失礼しました・・・)


728 :恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 01:23:00 ID:???
Aさんの実名がしりたい


736:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 01:34:00 ID:???
>>728
実名は、私は教えてもらっていないんですよ。
小さいときは本名で教えてもらっていたんですけど、小学校でAさんに声をかけられた後、私には恐怖が
強すぎたらしくて、Aさんの名前を忘れていました。

その後、同姓同名の人が現れたときに、人間関係が
築けなくなる、と父が判断して、「すずきさん」と
言われています・・・。

警察の方も事情を知っているので、ずっと「すずきさん」
といっていました。


734:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 01:30:00 ID:???
>>732
そりゃ怖いわ。男性恐怖症にもなるよなぁ。
でも負けんな~。彼氏はそんな男とは違うって!!


737:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 01:36:00 ID:???
幸せになってね!
本当にそう思う・・・・


738:恋人は名無しさん:2001/08/17(金) 01:41:00 ID:???
>>734 >>737
ありがとう(^^)
彼とは、結構上手くいっているんですよ。

ただ、彼が28歳なので、結婚の話がちらほら出てきちゃうんですよね、彼のことは好きだけど、結婚するほど男性を信じるのは、もう少し
時間がかかってしまうかもしれないですね・・・。

長い年月中出しされても耐えられるように出来てねーんだよ、子宮は。

· 0 コメント

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/11/05(土) 06:40:21.25 ID:gKQQIOLr0
あのなー、お前らすぐに中で出したがるけどな、婦人科で毎日毎日クセェ子宮をのぞかんならん
俺の身にもなってくれよ。

まず膣壁だけどな、使い込んでるかどうか見りゃすぐわかんだよ。色合いじゃねぇ、
全体的に空力がいい感じに滑らかになってんだよ。しかも表面をクリアコーティングしたようなテカリ。

んで子宮腔、これがひどい。経産婦でもねーのに歪に口開けてんの。しかもそこから腐敗臭を帯びた
薄黄色の粘液が出てんの。大概ここで看護士は顔をゆがめます。

んで器具突っ込んで子宮の中をのぞくんだが、もはやそこは黄泉の国。脱衣婆あたりが石を積めと
急かして来るかのような光景。

中で出された経験が殆ど無い子は子宮内が軽く充血したピンクなの。でも、ガンガン中出しキメられてると、
内壁にゆるいゼリー状の黄色いぷるぷるした悪魔がこびりついてんの。これがもう本当に黄泉の国としか
表現できない悪烈な臭気を漂わしていて、どんな可愛いねーちゃんでも嫌悪感しか沸かない。

で、だいたいそういうねーちゃんは着床不全とかで来院するんだが、旦那の精子もそんな過去の男汁に
まみれたところで頑張れねーっつーの。まぁその黄色い悪魔を洗浄するんだが、患者に見せてやりたいんだけどな、
本当のところは。「あんたの狂ったモラルのせいで、俺はこんな臭い汁をお掃除させられてるんですよ?」とね。
知らしたら二度と来院しねーだろうから言わねーけどな。

一回に付きごく微量(3~10%くらい?)だが中で出された汁は子宮内洗浄するまで内壁に残る。
それが子宮関係の病気や不妊に繋がる。つーか殆どがこれ。
子宮外筋腫の原因なんて腐った精子が原因で炎症を起こしてるとしか思えない。

いくら生理が来ようが残る物は残るんだな。人間の体はそこまで完璧にできてない。
長い年月中出しされても耐えられるように出来てねーんだよ、子宮は。

地震反応厨一覧

2011年11月5日土曜日 · 0 コメント

39 名前:名無しさん@涙目です。(茨城県)[] 投稿日:2011/11/04(金) 23:58:02.34 ID:/cZ5wS9t0
おせーよ厨             縦揺れ厨
この程度でスレたてるな厨    地鳴り厨
どこの田舎だよ厨         前震厨
トンキン煽り厨           余震厨
西日本は平和厨          直下型厨
揺れてないアピール厨      震度予想厨
もう慣れた厨            プレート分析厨
もう飽きた厨            〜に近づいてる厨
もっとでかいのこいや厨      南下してる厨
来るぞ厨               原発心配厨
でかいぞ厨             嫌な揺れ方だった厨
やばい厨              「頭痛が〜」「目眩が〜」「吐気が〜」 体調アピール厨
びびった厨             「うちの家族が〜」「ペットが〜」 誰も聞いてない厨
「ドスン」「ズン」効果音厨     〜してて焦った厨
長いな厨              〜してて気づかなかった厨
まだ揺れてる厨          自分が揺れてるかと思った厨
結構揺れた厨           そういえば地震が来る前に〜厨
@現在地厨             空の色がおかしい厨
また来た厨             地震雲目撃報告厨
もう嫌だ厨             〜厨が入ってない厨
この速さなら〜厨

ちょおキモいのいた(|| ゜Д゜) まとめ

2011年11月3日木曜日 · 0 コメント

6 名前:名無しさん@涙目です。(東京都)[] 投稿日:2011/11/03(木) 22:49:41.02 ID:cVdV5Kpt0 [2/2]
【流れ】
一、マクドナルドにて本人の許可なく無断で他人の男性を盗撮
二、その盗撮した写メをモザイク無しで自身のブログに載せて、「キモいのがいた」と中傷
二、ブログをニュー速民に発見され炎上
三、盗撮された被害者が2chのスレに光臨
四、被害者が裁判していいかスレで問う
五、盗撮者がブログのコメで「控訴」します!と意味不明な事を言い出す
六、盗撮者がスレ住人をヲタク族のみなさんと煽る
七、大炎上し勢い絶賛中 しかし謎の組織によって相次ぎスレストされる
八、盗撮犯のいろんな情報が流出
九、盗撮者「すいませんでした。」謝罪コメントあるも即削除
十、ブログ完全削除
十一、mixiアカウント削除
十二、ニュース速報民の怒り収まらず ←now

あなたは強い人。大丈夫ね

2011年10月31日月曜日 · 0 コメント

2178 名前:2ちゃんねるのどこか 投稿日:2010/01/01(金) 20:49:36
事故にあった。わたしと5歳になる娘は奇跡的に怪我もなく無事だったが、
妻が帰らぬ人になった。

妻は不思議な女性だった。何か物を紛失したときなど、妻はいつのまにか
どこからともなく見つけてしまう。先に起こることを知っているかのような
言動をすることもあった。

一度、娘が行方不明になったとき、わたしはあわてて警察に届けようといったのだが、
妻はいついつまでに帰ってくるから心配するなと言った。そして、その通りに
娘は帰ってきた。娘に何をしていたのか尋ねても、「おじいちゃんに会って来た」と
言うばかり。しかし、妻には身寄りがないし、わたしの父は既に亡くなっている。
そのときも妻は笑っているだけだった。

この旅行は、妻の提案によるものだった。列車の旅。妻は外の景色を眺め、
娘はわたしにもたれていた。不意に、妻がわたしの方に振り返って言った。

「あなたは強い人。大丈夫ね」

意味がわからず、何のことかと問い返そうとしたとき、事故は起こった。

妻の死に顔は眠っているようだった。わたしは、付き合い始めた頃のことを思い出す。
結婚してからはわたしを「あなた」と呼んでいたが、はじめはわたしを「お父さん」と
呼んでいたのだ。「お父さんはやめてくれ、呼ぶならお兄ちゃんにしろよ」
とよく言い合ったのを思い出し、涙がこぼれた。

この無造作感wwwwwwwイケメンすぎるだろwwwwwwww

2011年10月30日日曜日 · 0 コメント

698 名前:Trader@Live! [] 投稿日:2009/06/10(水) 14:01:05 ID:1vc212a/
中学生のとき、初めてワックスを使ってみた。
もちろん使い方はわからないので自己流でベストな使い方を考えた結果、
なぜか「風呂上がりにたっぷりつけてそのまま寝て、
朝起きて水で濡らして整える」という謎すぎるスタイリング方法を考案。
当然、寝癖のようなボンバーヘアになり、ただの汚い髪型になるも俺は
「この無造作感wwwwwwwイケメンすぎるだろwwwwwwww」
とか思ってた。
周りからは「なにあの寝癖みたいな髪型。キモ」みたいに言われてたみたいだけど、ポジティブな俺は
「みんな注目してるwwwwwww
 今まで全然モテなかった理由はノーワックスだったからかwwwwwwwwwwww納得wwwwwwww」
とか思ってた。
そんな日々が数日続き、さらに調子に乗った俺は、片思いしてた女の子に
「オハヨウwwwwwww今日暑くね?wwwwwwwww」
とか声をかける始末。
無視されたのだが、
「この髪型がイケメンすぎて照れたんだなwwwwwwwwwwwww」
とまたまたポジティブ発動。
それからというもの、鏡はもちろんガラスなど自分を映すものがあれば即髪型をチェックし
「俺イケメンすぎだろjkwwwwwwww」とかナルシスタイムに入っていた。
その後、俺がどのような評価をうけどのような中学校生活を送ったかは大体わかると思うので
これ以上は書かないが、とりあえず死にたい。

子供の頃から何度も夢に見るという自分の臨終の場面

2011年10月29日土曜日 · 0 コメント

871 :本当にあった恐い名無し :2008/11/12(水) 15:24:52 ID:nGf4UQKC0
自分の死で思い出した話。
母親が妙に真面目な顔で話してくれた、子供の頃から何度も夢に見るという自分の臨終の場面。
見た事も無い和室に布団が敷かれ、自分はそこに寝かされている。
その周りを知らない人達が大勢喪服姿で取り囲み、寝ている自分の顔を覗き込んで泣いている。
目は見えるのに音は何も聞こえず全くの無音。
体を動かそうとしても石の様に重たく冷たくなっていてびくともしない。
私はまだ死んでない!死んでないよ!と、叫ぼうにも口に何か詰められていて声も出ない。
話し終えた後も死ぬのは怖いねぇと何度もつぶやいた。

数年前、道路拡張とかで実家が立ち退かされてすぐ近くに家を新築した。
帰省して他人の家の様になった我が家を物珍しそうに見て回っていると、母親が仏間を指差してつぶやいた。

「この部屋なんだわぁ…」

結局諸君は1日も働いていないことになる。

2011年10月27日木曜日 · 0 コメント

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 13:52:13.50 ID:XgR2IqKv0
こんな感じの事をまじでいう↓

ある会社で、従業員から賃上げの要求が出たところ、社長は次のような回答をした。
「一年は365日だが、計算しやすいように366日としよう。
1日8時間労働というのは、1日のうち3分の1だけ働くことであるから、
実働は366日の3分の1。つまり122日である。
そのうち、日曜日が1年間366日の7分の1。つまり52日あり、
週休2日制で土曜休みも52日ある。
そうすると諸君は年間18日しか働いていないことになる。
我が社では、有給休暇で14日休める。
さらに会社創立記念日などの社休が4日あり、これを全部引くと、
結局諸君は1日も働いていないことになる。
従って、会社としては、これ以上月給を上げる必要などないという結論に達したのである。」

ラウンジ全体に響き渡るような声でわめくように会話している

· 0 コメント

916 名前:名無しさん@HOME 投稿日:2009/02/15(日) 22:54:11 0

膿家ってこれかぁ、と納得することに遭遇。
記念においてみる
フェイク込みです

友人結婚式帰りの同期生の女3人組、宿泊予定だったのでホテルのラウンジに飲みにいった。

せっかく東京に来たんだからと奮発して、(関西在住)
都心のちょっといいホテルに泊まったのに・・・。
ラウンジに農協?のおっさん団体がいた・・・。 orz
かなりすいていたけれど、ラウンジ全体に響き渡るような声でわめくように会話している、
と言うか、さのおっさん達が騒いでいるせいで客が入って来ない感じ。

私たちも席に着いてから、「これはちょっと・・・」と思ったので
一応店員さんに苦情は言ってみたんだけど、
普段から、自分らに都合の悪いことは聞こえない脳みそ搭載してるんだろうな。
酒が入って、それがバージョンアップしている。

高い酒がまずくなる、と諦めて、スタッフの人も諦めて店を出ることにした。


917 名前:名無しさん@HOME 投稿日:2009/02/15(日) 22:55:24 0

と、席を立とうとしたときに、トイレにでも行こうとしたのか、おっさんの一人が私たちに目をつけた。
「ここにきれいなねーちゃんがいるべ」
みたいなことを席に向かってわめくと、席から4人ぐらいおっさんがわらわらとやってきた。
「ねーちゃん達、女ばかりじゃつまんないべ。こっち来て一緒に飲めばたのしいべ」
「やっぱ、男いたほうが、いやされるだろ」
とか、勝手なことをほざいて、一番美人の子の肩を抱いて、
と言うよりは抱えあげて拉致するみたいに連れて行こうとする。
私の横にいたおっさんは私の胸をももうとする・・・。

友人と目があって諦めて大声を出した、
「ハイ、強制わいせつと強要罪、現行犯逮捕、犯人確保します!」
連れ去られかけてた友人はさっさと足払いかけてオヤジ2人、逆手に取りおさえた。
もう一人は私ががっちり確保、
店員を突き飛ばして逃げようとしたおっさんは椅子につまずいて自爆したwww

同期生、警察学校で、だよwww

一番美人の子は合気道と剣道と柔道(と弓道)合わせて8段の私らの中では一番の猛者だった。
その後、24して静かになった店内でゆっくり飲みました。
店も什器壊されたので、被害届出していました。

おっさん達はここでよく出る北のほうから、国会議員の招待(?)で視察に来た
地元の青年団wwwwの人達だったそうです。

翌日帰ったから、後のことは詳しくは知らない

人間は自然と価値を見出したのだ。

2011年10月26日水曜日 · 0 コメント

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/15(月) 14:33:55.91 ID:CRPRjhue0
札束の価値は人間が
「この紙切れには価値があるということにしましょう」ってお約束を決めて初めて
付加価値が乗っかってくる。
だが使用済みパンツはどうだろう。
誰もそれに価値があると決め事をしたわけでもないのに、
人間は自然と価値を見出したのだ。

俺が今まで生きてきて一番怖かった体験を話したいと思います。

· 0 コメント

俺が今まで生きてきて一番怖かった体験を話したいと思います。
実際起こった出来事なんだけど現実の話ってこうやって文にしてみると
大して怖くねーなって思ったよ。まあ俺の文章力が無いだけか。

でも書く。

もう十年以上前の出来事になるが当時俺は都内で学生をやっていた。
地元はとある田舎なんだけど、地元には気心知れた友人が何人かいて
休みになると地元に帰っては朝まで飲んだり、ナンパしたりコンパしたり
楽しい時間を過ごしていた。

そんな夏休み。いつものように友達と夜遊んでて引っ掛けた女とカラオケやって
盛り上がってたんだけど女達はカラオケが終わると次の日バイトがあるとかで
帰ってしまった。暇になった俺達は誰とも無く「じゃあ、きもだめしでもやんねー?」
って話になって山の上にある廃墟と化した別荘に行こうと言う話になった。

今だったら絶対に行かないけどね。男だけできもだめしって何が楽しいやら。
でも当時は免許も取り立てだったし何をやるにも楽しかったんだ。

その別荘は今は取り壊されてしまったけど、地元じゃかなり有名な所らしく
誰それが其処で殺されただとか、夜中窓から女が覗いてるだとか何か色んな噂が流れてくる場所だった。

まあ、俺は特にそこで何があったのかとか全然知らなかったし一緒に行く友達が
4人もいたのでかなり余裕ぶっこいてた訳です。初めて行く場所だったし怖さより
ウキウキ感のほうが強かったんだろうね。

カラオケで大分時間を過ごしていたので其処に到着したのはもう深夜零時を回ってた。

着いてびっくり。なんでこんな山奥に別荘があんの?って感じで周りには何も無いし。
試しに車のヘッドライト消してみたら本当に真っ暗で、暗黒って言うのはこういうことを
言うんだろうな~。とか思ったよ。

かなりびびってたんだけど、まあ仲間もいるし、廃墟の中に入ってみるべ。って
事になりバリゲードをぶち壊し中に入りました。

中は埃とカビ臭く、割れたガラス等が散乱していて雰囲気を
かもし出してたね。珍走も来るらしく誰々参上とかそう言うのもスプレーで書いてあり
そっちでもかなりビビったね。
まあでも、俺はからっきしだけど友達の中に格闘技とかやってる奴とかいて
性格もイケイケだったんで、かなり大人数じゃない限り襲われても平気かな。
みたいな感じもあったかな。

幸い珍走も来ず、しばらく廃屋の中で探検や何かを物色したり
壊したりと色々やって遊んでたんだけど、しばらくすると飽きてしまい俺達は車に戻った。
んで車に戻る際、たまたま運転手がドアを閉め、そん時に肘がドアロックに当たって
全ドアにカギが掛かったんだよね。

俺は助手席だったんでそれを見てたんだけど、本当にたまたまカギが掛かっちゃったんだ。

その後、その場から離れずエンジンをかけ車内でCDを聞いたり、会話を楽しんでました。

しばらくすると山頂付近から光が見える。それもどうやら車らしい。
こんな夜中に山から下りてくる車って何だよ?って俺らにもちょっとした緊張が走る。

今まで散々不法侵入して遊び倒してるんだから逃げようかとも思ったんだけど、
何かその時の車の中の雰囲気が友達同士舐められたくねえ。
みたいな感じで何故か誰も逃げようとか言わなかったんだ。

んで、あれよあれよと言う間に車が目の前までやってきた。
まあ一本道だし当たり前なんだけど、何故かその車はタクシー。

今の時間に山頂で何を?こんな山奥に何故タクシー?って俺達は思った。

んでそのタクシーは何故か俺らの車の数十メートル後ろで停車し、
後部座席から二人を降ろし、そのまま俺らの車を追い抜き行ってしまった。
人が降りたので「やべ、ここの別荘の持ち主か?」と思ってたら
そいつ等しばらくこっちを見てたんだけど気が付くとゆっくりこっちに向かってくる。

しかも1人は女らしい。真っ赤なワンピースを着てる。
もう1人は明らかに男でスーツ姿だった。

年齢は全く分からないが多分40前後と感じた。顔も暗くて良く見えない。

俺らは微妙に非現実的な出来事にあっけに取られていたと思う。

あっけに取られた俺らをよそに彼らはすぐ車の近くまで近付き、
男性が運転席側、女性が助手席側に回りこみいきなりドアノブを引っ張り
物凄い勢いで車の中に進入しようとすんの。

「!」ぎゃー。もう髪の毛総立ち。ヤバイ。

さっきも行った通り偶然カギが掛かっていたためドアは開かない。
でも彼らはそんなのもお構いなしにドアノブを半端無いくらいガチャガチャやってる。
ビビる俺達。

車もすげー勢いで揺れてんの。正気に戻った誰かが「逃げろ!」と叫んで
運転手もすかさず車を発進させました。

「うぉー怖えーーー!」
車の中は大騒ぎ。気が付くと皆恐怖のあまり泣いていました。

近くのファミレスに車を止め、皆で「なんだったんだアレ?」みたいな事を
ギャーギャー話した。友達がバカで明るい奴らで助かったと思った。

「一番涙目になってた奴は誰だ?」みたいな話しもした。
「俺じゃねーよ!」とか「お前が一番涙目だった。」とか言い合った。
俺はさほど涙目にならなかったお陰で大して言われずにすんだ。

大分落ち着いてから格闘技経験者でイケイケの友人に
何でお前出て行かなかったのと聞いてみた。
こいつはかなりイク奴なので皆不思議がったのだ。ちなみにこいつは運転手。

そいつはドリンクバーを飲みながら一言。
「多分俺じゃ勝てないから。」
「ぉお?何時も自信マンマンなのに今回はえらく殊勝だねえ。」
誰かが茶化す。
すると運転手のそいつはムキになって
「だって俺の車1トン以上あるんだよ?ドアノブ上げるだけで何であんなに車が揺れるんだよ。
あいつら力半端ねーよ。
…つか、お前ら、あいつらの顔みてねーのかよ?
目がな、ヤバ過ぎてとても出て行けねーって。
だって黒目しかねーんだもん。アレ絶対人じゃないよ。」

男女の顔を良く見ていない俺達はその言葉にガツーンと落とされた。彼は嘘を言うタイプじゃないから。

そしてファミレスで朝まで過ごした。
時効だから書くけど俺は涙は出なかったけどおしっこがちょっと出た。
人間本当の恐怖を味わうと小便を漏らすのをその時初めて知った。

おしまい。

嫁の財産目当てで結婚した事だな。

2011年10月21日金曜日 · 0 コメント

352 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/01/03(月) 20:15:55
嫁の財産目当てで結婚した事だな。

「誰がこんなデブスと」と思っていたが嫁親の資産を知って上手くごまかして結婚まで持ち込んだ。
遊びOKの許可も取っていたので浮気三昧させてもらおうと思っていた。

でも結婚した後、嫁LOVEになって結局のところ女どころか酒さえも家でしか飲まなくなった。

普通のサラリーマンをしていて収入の全部嫁に渡すが小遣として嫁から8割は返金される。(嫁親の会社の役員をしている嫁は実質専業主婦だが年収は俺の倍以上だ)
使うあても無いので子供の為に貯金している。

毎晩嫁とは抱き合って寝ている(挿入は歳なんでww)
だから嫁に財産目当てで結婚したと言っても全然信じてもらえない。

「お父さんはほんとに照れ屋さんだから、ウフ」ってな感じである。
結局墓場まで持っていくのかなぁ?



>>368 
ああ、「秘密にしてた」はスレチですなww
でも本心はずっと理解されないまま墓場行きだから反省はしないww

で、御好評のようなので皆様に簡単に嫁LOVEになれる方法を伝授しよう。

一言で言えば「形から入る」だ。

財産は欲しいが嫁単体は要らないという本心をばれないようにする為に婚約時代に会えば必ず手を握り愛の言葉を囁いて可能な限りセックスした。
気持ちは無かったが週一のルーチンワークという感じだった。

誤算だったのは結婚したら一緒に住むのでそれが毎日になった事だ。
当初は苦行だったが慣れとは恐ろしいもので半年もしない内に、、、。

この時点で嫁が嫌な女だったら違ったんだろうけれど、お馬鹿な嫁は口説き始めた時期からの俺の演技を信じてたので俺に対して超ラブラブな状態だったんだよ。

毎日一人朝早く起きて俺の靴を磨いてる後姿を見たり、冷たい雨の降る日に改札口で傘を忘れた俺の為に一時間近く待たれたりしたら愛しくなっても当然だよね?

最近もスーパーではぐれた時の嫁の不安そうな顔と俺を見つけて駆け寄ってくる時の嬉しそうな顔をみたら、ねぇ?

「何処に居たの?」的な俺を攻撃するような発言は一切せず、

「見失っちゃってごめんね」とテレながら腕を組んで来るんだぞ。
そういうのが積み重なっていくと《嫁》が人生の目的になってくるんだよ。

多少容姿が他人からみて悪くても今の俺は全然気にしない。

金もストレスなく暮ららせる分だけあればいい。
多分俺の給料だけで足りるだろう。

昔はもてないから24まで処女だったと誤解してたが、今は「運命の人(=俺)の為に守ってたんだよ」という嫁の言葉が真実だと思う。

現在の閲覧数 

About

このエントリをつぶやく
相互リンクについて
↑お気に入りに登録をお願いします
当サイトはリンクフリーです
人気ブログランキングへにほんブログ村 ネットブログへ
【↓1000文字まで】
Powered by NINJA TOOLS

過去 7 日間人気の投稿