今一度、原発から放射能が漏れる重大性について分かりやすく説明すっぞ!

2011年3月17日木曜日 ·

Check
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
今一度、原発から放射能が漏れる重大性について分かりやすく説明すっぞ!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・放射線
  強力な貫通性能を持ったエネルギー。
  コンクリートに換算すると50cm以上の厚さがないと防げない。(詳細はwiki)
  人体を貫通すると細胞レベルでダメージが蓄積される。
  遺伝子が損傷すると細胞は癌化する。
  癌化した細胞は周囲の正常な細胞を癌化させる。
  人体を形成する100兆個の細胞のうち、ひとつでも癌化すれば、その部分は切除しない限り絶対に助からない。

・放射性物質
  半永久的に「放射線」を出し続ける物質。

今回の原発事故では『放射性物質』が撒き散らされたという点に重要な意味がある。
実際にどれほどヤバイかを説明する。

・放射性物質が粒子状となり、人体の1m横を通り過ぎた場合、放射線を浴びるのは5秒程度である
・放射性物質が粒子状となり、人体に付着した場合、放射線を浴びるのは1週間(60万秒)程度である
・放射性物質が粒子状となり、経口摂取した場合、放射線を浴びるのは10年間(3億秒)程度である
・TVで報じている健康への影響度は「レントゲン1回分」や「CTスキャン1回分」など、
 「放射線」単体のみしか考慮されておらず「放射性物質」が付着した場合の影響度は
 「6000万倍」深刻であると考えましょう。
・放射性物質が人体に付着すると、局所的に放射線の集中攻撃を受けます。
 人体を形成する100兆個の細胞のうち、ひとつでも癌化すればアウト。←※最重要


Related Post:


0 コメント:

現在の閲覧数 

About

このエントリをつぶやく
相互リンクについて
↑お気に入りに登録をお願いします
当サイトはリンクフリーです
人気ブログランキングへにほんブログ村 ネットブログへ
【↓1000文字まで】
Powered by NINJA TOOLS

過去 7 日間人気の投稿