思い出語るから興味ある人だけ読んでくれればいい

2010年2月12日金曜日 ·

Check
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:45:56.13 ID:iPer6oH90
別に好きでもなんでもなかった
寧ろ他に好きな人がいた

毎日がアンニュイだった

思い出語るから興味ある人だけ読んでくれればいい



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:48:09.74 ID:iPer6oH90
就職活動も全然してないまま、いつのまにか大学4年生になってた
留年ギリギリだったけど、可も無く不可もない毎日だった

狭い研究室で忘年会が終わって、食器や鍋を洗い終わったら
同級生がソファーで寝てた


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:49:41.71 ID:iPer6oH90
鍋の後始末をしていたら目を覚ましたようで
別に手伝ってくれるわけでもなく
洗物やら椅子の片付けをしている私を見ながら
ソファーにグダってなりながらタバコを吸ってた


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:52:34.34 ID:iPer6oH90
一通り終わって身支度をしていたら
「遅くなったら部屋まで送るよ」と

彼が一人暮らしなのは知っていたけれども
どこに住んでいるのかまでは知らなかった

研究室の電気を消して鍵を閉め
まっくらな校舎の廊下を並んであるいて
玄関からキャンパスに出ると
空気が冷たくて硬くて
空を見上げると満天の冬の星空


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:53:46.90 ID:iPer6oH90
星座なんか何もしらないけど
見上げる夜空が白い息にかすんで
決まっていない進路も忘れて、初めて学生になって良かった
そう思えた


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:55:41.14 ID:iPer6oH90
二人で並んで大学の敷地を出ると
街はまだ人が出歩いていて
おそらく下級生だろう、酔っ払った学生も楽しそうに騒いでいた

そんな喧騒が遠くに聞こえるきがして
なぜか後ろめたさを感じながら
二人無言で家路を急いだ


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:59:01.27 ID:iPer6oH90
安いアパートについて部屋のドアまで送ってもらった
帰ろうとする彼の後姿を見送っていたら
「すこし休んでいく?」
無意識にそんな声をかけた自分に、自分でも驚いた

振り向いてこちらを見ている彼に
「あったかいコーヒーでも煎れるよ」
と、まるで引き止めるかのように声を続けた
彼はちょっと驚いてはいたけれど
せっかくだからと部屋に上がった




以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:01:36.58 ID:vI3K9uSN0
それ以来、彼は部屋に頻繁に遊びに来るようになった
彼の借りている部屋はバイクで30分位かかる遠い場所だったらしい
遅くなった日も、特に用事がない日も
彼は部屋に尋ねてきて

私はいつもコーヒーを煎れて
後はレポートをしたりゲームをしたりテレビやビデオを見たり
六畳の狭い空間なのに お互いにお互いを邪魔しないよに


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:04:02.00 ID:vI3K9uSN0
部屋に人が来るのは気を使うから嫌いだったけど
すごく自然に、すごく違和感なく
そんな不思議な関係が、私は嫌いじゃなかった

彼が朝からバイトがあるという理由で
初めて着替えをもって部屋に来た事があった
照れくさそうに「泊まってもいいかな」と

私は「うん」とだけ応じて 寝て、起きて、彼は早朝にバイトに行った


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:06:43.66 ID:vI3K9uSN0
お昼頃に洗濯をしていると バイトが終わった彼が戻ってきた
いつもお世話になっているからと
バイトで廃棄になったからと 中華まんを5つ取り出した

5つも食べられないよ 一緒に食べようと、彼を部屋に招くと
彼は初めて「ただいま」と
それがなんだか、おままごとみたいでおかしくて
私は「おかえりなさい」と笑った


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:10:53.32 ID:vI3K9uSN0
なし崩し彼は私の部屋で生活をするようになったけど
私はそれが嫌じゃなかった
研究室の事、高校の頃の事、卒業後の進路の事
私はパソコン用のスチール椅子に座りながら
彼はベッドを背もたれにしてタバコを吸いながら
本当に色々と、その場で思いついた事を話したりした


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:13:40.72 ID:vI3K9uSN0
私は異性と交際した経験が少なかったが彼は豊富だった
私が好きな人の話をして、彼はよくアドバイスをしてくれた
彼が私に相談をする事は一回もなかったと思う

アドバイスが本当に的確だったかどうか、今になってもわからないけど
私の好きな人と、私がうまくいくように
真剣に私の話をきいて見解を述べてくれる
そんな彼と話している時間が その時は楽しかった


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:16:43.00 ID:vI3K9uSN0
そんな毎日を送っていたら
ある日彼が遅い時間に帰ってきた
めずらしくたくさん飲んだらしく
玄関に上がるならのしかかってこられた
私の部屋まで帰ってくるのも大変だったみたいだった

何があったのか聞いてみたら
「好きだった人にふられた」との事

私は彼をカーペットまでひきずっていき
どうしたらよいものか 途方にくれた


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:22:17.18 ID:vI3K9uSN0
彼が「上手だね」と言ってくれた いつものコーヒーを煎れた
机においても彼は微動だにせず
私はいつものスチール椅子に腰掛けて そんな彼を見てた

コーヒーが冷めて湯気がみえなくなった頃
部屋が寒い事に気が付いて 毛布を彼にかけて
彼のために入れた冷たいコーヒーを一気に飲み干した


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:25:39.13 ID:vI3K9uSN0
彼が寝入っているのを確認してから
私は電気を消してベッドに横になった

彼も失恋をすると人並みにへこむんだなと
彼も失恋なんてするんだなと
当たり前な事が凄く意外な気がして

私は今まで何でも話していたのに
彼は何も言ってくれなかったんだなと

その日はとても寒い日で
私はなんだか憂鬱な気分で寝られなかった


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:27:44.66 ID:vI3K9uSN0
何時なのか全くわからないけどベッドが軋むのを感じた
目が覚めた彼がベッドに入ってきたんだ
身体がひどく冷たくなっていたのがわかったけど
私はどうして良いかわからずに
寒い日だったので追い出すわけにもいかずに
寝返りをうつ振りをして 彼に背中を向けた


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:29:40.77 ID:vI3K9uSN0
彼の手が後ろから私の肩を抱いて
それが凄い嫌だったけれども
跳ね除けたら今までの関係が崩れる気がして

彼が寝ているのか起きているのかもわからなかったけど
身をこわばらせて丸くなっていると
彼は私の背中を抱き寄せるようにして

二人はそのまま朝を迎えた


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:31:42.12 ID:vI3K9uSN0
朝になると彼は元気になっていて
昨日の事は何もなかったかのように振舞っていて
私も何もなかったかのように振舞って

彼が「おはよう」と
私が「おはよ 今コーヒー煎れるね」と

たくさん呑んだんだね 運ぶの重かったよと
彼はいつもの照れくさそうな顔で「ごめんごめん」と


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:33:43.88 ID:vI3K9uSN0
その後、この件については何も触れる事はなかったけど
ひとつだけ 今までは私がベッド 彼がカーッペット
いつも寝ていた位置が変わった

無印で買った安いシングルのベッドに
お互い背中を向けて寝るようになった

「いままで寒かったんだね ごめんね」と言った
彼は「寒かったよ」とだけ言って笑った


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:36:36.84 ID:vI3K9uSN0
背中合わせで話しながら寝るようになり
仰向けで寝るようになって
いつのまにか向かい合って寝るようになって

それからキスをするようになって
肌を重ねるようになるまでは早かった

私は相変わらず好きな人がいて
彼にも好きな人がいたようで

私はよく彼に相談をして
彼は聞いてくれるけど、何も話さないで

そんな毎日だった


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:38:33.74 ID:QfVhmowfO
んぁ分かるわ
痛いほど分かるわ

流されてー流されてー終末は「こんなもんなのかなぁ・・・・」

そーゆーのが一般的だと思うよ


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:38:54.28 ID:vI3K9uSN0
進路が決まり、卒論が忙しくなると
お互いにだんだんと忙しくなり
彼の足はだんだんと私の部屋から遠ざかっていった

私はコーヒーを一人で煎れて、一人で飲んで
そのまま卒業して、それ以来会っていない


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:40:24.64 ID:vI3K9uSN0
彼がどこで何をしているのか全くしらなかったけど
今年のお正月に年賀状が届いた
綺麗な奥さんとかわいい子供の写真が載っていた


64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:43:38.84 ID:AjftY0Tv0
>>58
やめろよw
人生そんなもんかね、ふーん…(ちょい感動)で終わった話がチープになる


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:43:12.49 ID:vI3K9uSN0
来春、私も結婚する
あの時の私が知らなかった人と
彼が会った事もない人と

学生最後の数ヶ月の彼との時間は
私にとって何だったのかわからないけど
私は今でもあの時間が嫌いじゃない


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:46:01.50 ID:iIf58WtXO
なんか切なくなった


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:43:29.51 ID:MUoMGABu0
なんか男の視点だな
こういう女々しい回想は男特有だと思ってた


107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 01:07:05.82 ID:hz/PFdBYO
ただ生活をするだけで、哀しみはそこここに積もる。
日に干したシーツにも。洗面所の歯ブラシにも。携帯電話の履歴にも。


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:11:54.77 ID:vgXMQiw/O
ええ話や…

暇を見てスペック書いてくれ


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:49:30.73 ID:vI3K9uSN0
>>16
私:32歳男 来春結婚
彼:33歳(1留) 既婚




こういう話好きです。


こぴぺ



------------


以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:45:56.13 ID:iPer6oH90
別に好きでもなんでもなかった
寧ろ他に好きな人がいた

毎日がアンニュイだった

思い出語るから興味ある人だけ読んでくれればいい



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:48:09.74 ID:iPer6oH90
就職活動も全然してないまま、いつのまにか大学4年生になってた
留年ギリギリだったけど、可も無く不可もない毎日だった

狭い研究室で忘年会が終わって、食器や鍋を洗い終わったら
同級生がソファーで寝てた


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:49:41.71 ID:iPer6oH90
鍋の後始末をしていたら目を覚ましたようで
別に手伝ってくれるわけでもなく
洗物やら椅子の片付けをしている私を見ながら
ソファーにグダってなりながらタバコを吸ってた


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:52:34.34 ID:iPer6oH90
一通り終わって身支度をしていたら
「遅くなったら部屋まで送るよ」と

彼が一人暮らしなのは知っていたけれども
どこに住んでいるのかまでは知らなかった

研究室の電気を消して鍵を閉め
まっくらな校舎の廊下を並んであるいて
玄関からキャンパスに出ると
空気が冷たくて硬くて
空を見上げると満天の冬の星空


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:53:46.90 ID:iPer6oH90
星座なんか何もしらないけど
見上げる夜空が白い息にかすんで
決まっていない進路も忘れて、初めて学生になって良かった
そう思えた


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:55:41.14 ID:iPer6oH90
二人で並んで大学の敷地を出ると
街はまだ人が出歩いていて
おそらく下級生だろう、酔っ払った学生も楽しそうに騒いでいた

そんな喧騒が遠くに聞こえるきがして
なぜか後ろめたさを感じながら
二人無言で家路を急いだ


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/22(月) 23:59:01.27 ID:iPer6oH90
安いアパートについて部屋のドアまで送ってもらった
帰ろうとする彼の後姿を見送っていたら
「すこし休んでいく?」
無意識にそんな声をかけた自分に、自分でも驚いた

振り向いてこちらを見ている彼に
「あったかいコーヒーでも煎れるよ」
と、まるで引き止めるかのように声を続けた
彼はちょっと驚いてはいたけれど
せっかくだからと部屋に上がった




以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:01:36.58 ID:vI3K9uSN0
それ以来、彼は部屋に頻繁に遊びに来るようになった
彼の借りている部屋はバイクで30分位かかる遠い場所だったらしい
遅くなった日も、特に用事がない日も
彼は部屋に尋ねてきて

私はいつもコーヒーを煎れて
後はレポートをしたりゲームをしたりテレビやビデオを見たり
六畳の狭い空間なのに お互いにお互いを邪魔しないよに


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:04:02.00 ID:vI3K9uSN0
部屋に人が来るのは気を使うから嫌いだったけど
すごく自然に、すごく違和感なく
そんな不思議な関係が、私は嫌いじゃなかった

彼が朝からバイトがあるという理由で
初めて着替えをもって部屋に来た事があった
照れくさそうに「泊まってもいいかな」と

私は「うん」とだけ応じて 寝て、起きて、彼は早朝にバイトに行った


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:06:43.66 ID:vI3K9uSN0
お昼頃に洗濯をしていると バイトが終わった彼が戻ってきた
いつもお世話になっているからと
バイトで廃棄になったからと 中華まんを5つ取り出した

5つも食べられないよ 一緒に食べようと、彼を部屋に招くと
彼は初めて「ただいま」と
それがなんだか、おままごとみたいでおかしくて
私は「おかえりなさい」と笑った


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:10:53.32 ID:vI3K9uSN0
なし崩し彼は私の部屋で生活をするようになったけど
私はそれが嫌じゃなかった
研究室の事、高校の頃の事、卒業後の進路の事
私はパソコン用のスチール椅子に座りながら
彼はベッドを背もたれにしてタバコを吸いながら
本当に色々と、その場で思いついた事を話したりした


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:13:40.72 ID:vI3K9uSN0
私は異性と交際した経験が少なかったが彼は豊富だった
私が好きな人の話をして、彼はよくアドバイスをしてくれた
彼が私に相談をする事は一回もなかったと思う

アドバイスが本当に的確だったかどうか、今になってもわからないけど
私の好きな人と、私がうまくいくように
真剣に私の話をきいて見解を述べてくれる
そんな彼と話している時間が その時は楽しかった


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:16:43.00 ID:vI3K9uSN0
そんな毎日を送っていたら
ある日彼が遅い時間に帰ってきた
めずらしくたくさん飲んだらしく
玄関に上がるならのしかかってこられた
私の部屋まで帰ってくるのも大変だったみたいだった

何があったのか聞いてみたら
「好きだった人にふられた」との事

私は彼をカーペットまでひきずっていき
どうしたらよいものか 途方にくれた


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:22:17.18 ID:vI3K9uSN0
彼が「上手だね」と言ってくれた いつものコーヒーを煎れた
机においても彼は微動だにせず
私はいつものスチール椅子に腰掛けて そんな彼を見てた

コーヒーが冷めて湯気がみえなくなった頃
部屋が寒い事に気が付いて 毛布を彼にかけて
彼のために入れた冷たいコーヒーを一気に飲み干した


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:25:39.13 ID:vI3K9uSN0
彼が寝入っているのを確認してから
私は電気を消してベッドに横になった

彼も失恋をすると人並みにへこむんだなと
彼も失恋なんてするんだなと
当たり前な事が凄く意外な気がして

私は今まで何でも話していたのに
彼は何も言ってくれなかったんだなと

その日はとても寒い日で
私はなんだか憂鬱な気分で寝られなかった


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:27:44.66 ID:vI3K9uSN0
何時なのか全くわからないけどベッドが軋むのを感じた
目が覚めた彼がベッドに入ってきたんだ
身体がひどく冷たくなっていたのがわかったけど
私はどうして良いかわからずに
寒い日だったので追い出すわけにもいかずに
寝返りをうつ振りをして 彼に背中を向けた


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:29:40.77 ID:vI3K9uSN0
彼の手が後ろから私の肩を抱いて
それが凄い嫌だったけれども
跳ね除けたら今までの関係が崩れる気がして

彼が寝ているのか起きているのかもわからなかったけど
身をこわばらせて丸くなっていると
彼は私の背中を抱き寄せるようにして

二人はそのまま朝を迎えた


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:31:42.12 ID:vI3K9uSN0
朝になると彼は元気になっていて
昨日の事は何もなかったかのように振舞っていて
私も何もなかったかのように振舞って

彼が「おはよう」と
私が「おはよ 今コーヒー煎れるね」と

たくさん呑んだんだね 運ぶの重かったよと
彼はいつもの照れくさそうな顔で「ごめんごめん」と


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:33:43.88 ID:vI3K9uSN0
その後、この件については何も触れる事はなかったけど
ひとつだけ 今までは私がベッド 彼がカーッペット
いつも寝ていた位置が変わった

無印で買った安いシングルのベッドに
お互い背中を向けて寝るようになった

「いままで寒かったんだね ごめんね」と言った
彼は「寒かったよ」とだけ言って笑った


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:36:36.84 ID:vI3K9uSN0
背中合わせで話しながら寝るようになり
仰向けで寝るようになって
いつのまにか向かい合って寝るようになって

それからキスをするようになって
肌を重ねるようになるまでは早かった

私は相変わらず好きな人がいて
彼にも好きな人がいたようで

私はよく彼に相談をして
彼は聞いてくれるけど、何も話さないで

そんな毎日だった


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:38:33.74 ID:QfVhmowfO
んぁ分かるわ
痛いほど分かるわ

流されてー流されてー終末は「こんなもんなのかなぁ・・・・」

そーゆーのが一般的だと思うよ


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:38:54.28 ID:vI3K9uSN0
進路が決まり、卒論が忙しくなると
お互いにだんだんと忙しくなり
彼の足はだんだんと私の部屋から遠ざかっていった

私はコーヒーを一人で煎れて、一人で飲んで
そのまま卒業して、それ以来会っていない


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:40:24.64 ID:vI3K9uSN0
彼がどこで何をしているのか全くしらなかったけど
今年のお正月に年賀状が届いた
綺麗な奥さんとかわいい子供の写真が載っていた


64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:43:38.84 ID:AjftY0Tv0
>>58
やめろよw
人生そんなもんかね、ふーん…(ちょい感動)で終わった話がチープになる


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:43:12.49 ID:vI3K9uSN0
来春、私も結婚する
あの時の私が知らなかった人と
彼が会った事もない人と

学生最後の数ヶ月の彼との時間は
私にとって何だったのかわからないけど
私は今でもあの時間が嫌いじゃない


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:46:01.50 ID:iIf58WtXO
なんか切なくなった


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:43:29.51 ID:MUoMGABu0
なんか男の視点だな
こういう女々しい回想は男特有だと思ってた


107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 01:07:05.82 ID:hz/PFdBYO
ただ生活をするだけで、哀しみはそこここに積もる。
日に干したシーツにも。洗面所の歯ブラシにも。携帯電話の履歴にも。


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:11:54.77 ID:vgXMQiw/O
ええ話や…

暇を見てスペック書いてくれ


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/06/23(火) 00:49:30.73 ID:vI3K9uSN0
>>16
私:32歳男 来春結婚
彼:33歳(1留) 既婚


Related Post:


0 コメント:

現在の閲覧数 

About

このエントリをつぶやく
相互リンクについて
↑お気に入りに登録をお願いします
当サイトはリンクフリーです
人気ブログランキングへにほんブログ村 ネットブログへ
【↓1000文字まで】
Powered by NINJA TOOLS

過去 7 日間人気の投稿