北軍はグラント、南軍はリーというのが定説だが

2010年10月29日金曜日 ·

Check
139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2010/10/29(金) 20:40:15.77 ID:p73B2WPD0
南北戦争の名将といえば北軍はグラント、南軍はリーというのが定説だが
グラントはリーに勝ったことが一度もない。倍の兵力で挑んで負けたことさえある。

一方そのリーは南北戦争中二度しか負けていない。
一度は堅固な防御陣地を攻撃したためだが、もう一度は自分が防御陣地に篭ったにも関わらず敗退
だが後者の時北軍を指揮していた指揮官は「リンカーン二期目の選挙の対立候補だから」という理由で全く評価されていない

その時指揮をしていた男はマクレランという男だが、
この男は大統領リンカーンの護衛にと探偵を雇っていた
マクレラン解任後探偵への依頼も解かれたが、リンカーンの暗殺はこの後生じた

そしてその大統領リンカーンは独裁的な政権運営を行ったことで知られており、
閣僚間での多数決で自分ひとりだけが賛成の案件を強引に通したことが何度もある。


Related Post:


0 コメント:

現在の閲覧数 

About

このエントリをつぶやく
相互リンクについて
↑お気に入りに登録をお願いします
当サイトはリンクフリーです
人気ブログランキングへにほんブログ村 ネットブログへ
【↓1000文字まで】
Powered by NINJA TOOLS

過去 7 日間人気の投稿