自然はときどきそういういたずらをするんだ

2011年1月29日土曜日 ·

Check
ある未開の村に宣教師がやってきた

それから数年たったある日、村一番の狩人が斧を片手に押しかけてきた
「やい、お前は村長の娘に手をつけたな」
「何を言うんです。私はそんなことは決してしません」
「とぼけるな、今朝村長の娘が白い子供を産んだ。白い人間はお前しかいないだろう」
「いいかい、落ち着いてよく聞くんだ。あそこにヤギの親子がいるだろう
みんな白いのに、一頭だけ黒い子供が混ざっているだろう。自然はときどきそういういたずらをするんだ」
「わかった。もうあんたを責めない。だから、あのヤギとオレの事ももう言わないでくれ」


Related Post:


0 コメント:

現在の閲覧数 

About

このエントリをつぶやく
相互リンクについて
↑お気に入りに登録をお願いします
当サイトはリンクフリーです
人気ブログランキングへにほんブログ村 ネットブログへ
【↓1000文字まで】
Powered by NINJA TOOLS

過去 7 日間人気の投稿