落ちるといいね。第一希望

2011年1月16日日曜日 ·

Check
349 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 17:42:34


100M走18秒、1500M走は半分くらいで立ち止まって
ぜえぜえ言いながら歩くレベルの超運動音痴。
体格が痩せこけててそれだから、高校生で遠投で10mいかないとか酷いレベル。
体育教師には哀れみの目で見られ馬鹿にされてた。吹奏楽部。趣味は読書。

彼女
陸上のスポーツ推薦特待生。成績もクリアしていたので一般クラス。
俺には良く判らないスピードで走ったり飛び上がったりできる。
友達が多く、リア充の空気満々

高校生当時の基準でクラスで3番目位に可愛かった彼女と男子吹奏楽部員の俺には
当然接点は無かったんだけど、たまたま3年間同じクラスだった。
しかし1,2,3年と殆ど会話なし。


3年生の秋にたまたま隣の席になった時、少しだけ会話。
その時の会話が確かこんなん。
「○君、聞いたんだけど△大学受けるの?」
「あ、う、あ、あ、うん。」(きょどる)
「ふーん。私も受けるよ。」
「あ、そ、そうなんだ。俺は、第2希望なんだけど。」(余計な一言)
「私は第一希望なんだけど。」
「ー@@pp@おいぽじぇあ」(パニくる)
「落ちるといいね。第一希望」(にっこり。)

なんて事のない会話だったけど彼女など出来た事もなかった俺は
冗談交じりのその会話で彼女の事を一発で好きになった。

神はいた。って感じで△大学を受けるのは俺と彼女のみ。
一緒に受験に行って、一気に仲良くなった。
ラノベ好きと言う事が判ってラノベっぽい作家をいくつか教えると尊敬の眼差し。

「私の周り、本とか読まないんだよね。
○君すごいよね。さっき言ってた人の名前、後でメールしといてよ。」

って事でメールと携帯番号を交換したら電話掛かってきて

「合格発表、滅茶苦茶不安なんだけど。○君だけ受かって私落ちたらどうしよう。」

「◆大学受かってたら○君はそっち行くよね。そうだよね。」

俺は彼女の言葉に浮かれていい状況なのかそれともさっぱりとした友情なのか判らず右往左往。
お互い第一希望が受かった後に「おめでとう」メールをしあって、縁は終わったと思った。
けど不思議とメールは途絶えずに、大学一年の夏に俺から誘って遊びに行く事になった。


350 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 17:43:38
精一杯色々検討後(デート自体初)野球観戦へ。

待ち合わせ場所に行くとありえない位に気合の入った本気のおめかしをした彼女と再会。
マジ気合入っていますといったお嬢様風のスカート姿。決定打は肩までの髪の毛が
編み編みに結えてあって、俺にでも凄く時間が掛かったに違いない可愛らしい髪形。

野球観戦を選択した俺の計画は完全に裏目にはまり、
ハマの強風はそんな彼女に容赦せず襲い掛かった。
3回時点で先発の三浦が巨人打線に完膚なきまでに打ち込まれた頃には
強風で可愛らしい髪型がぐしゃぐしゃに。

ゲームも決まった事ですし、という事で早々に球場を後にして
髪の毛に手を当てて泣き顔の彼女に、さすがの俺も勇気を出して
その髪型が凄く可愛かった事と、また会いたい事を伝えた。

3回デートして告白。

「遅くない?私もう付き合ってたつもりなんだけど。」

との回答を貰ってからはやもう7年。

今年娘が誕生。
運動神経だけは嫁さんに似てくれるのを祈ってる。


Related Post:


0 コメント:

現在の閲覧数 

About

このエントリをつぶやく
相互リンクについて
↑お気に入りに登録をお願いします
当サイトはリンクフリーです
人気ブログランキングへにほんブログ村 ネットブログへ
【↓1000文字まで】
Powered by NINJA TOOLS

過去 7 日間人気の投稿