ちょうど夏休みが終わって1週間が経ったころの

2010年1月10日日曜日 ·

Check
僕たちのクラスは仲がいい。
喧嘩とかいじめとか、そういったものが一切ない、5年2組は平和だ。
みんながそう思ってる。
だからね、そういったものを作り出す人は悪者で、僕たちの敵なんだ。
あれは今日から数えると……えっと……10日前。
そうそう、ちょうど夏休みが終わって1週間が経ったころの、まだまだ暑かった日だよ。
僕たち男子は、クラスの女子にこの町に伝わる怪談話を話してあげてたんだ。
初めのうちは、まぁおもしろがって聞いていたよ。
でも……どうやら、その女子たちはその話を本気では信じていなかったみたいなんだ。
その女子たちのリーダー格が言うには、そんなことが現代文明において実際に起こるわけがない、だって。
必死に"怪談"を弁護する僕たちに、彼女は最後に一言いった。
「幼稚」
だから僕たちは、彼女に"怪談"の実在を証明することにした。
その夜、僕たちは近所の墓場に集合した。リーダー格も含めて。
彼女は、初めは取り合ってもくれなかったんだけど、
「本当は怖いだけなんじゃないの?」
という決まり文句の挑発にのって、結局は証明に付き合ってくれた。
ここの墓場は、ほとんど森の中にあるんだ。
だから……5分も奥に進んでいくと、外からの音も光も入ってこなくなる。
それはつまり、逆でもそういうことなんだけどね。
僕たちはリーダー格を怖がらせるために、色々な準備をした。
つまり古典的な光の人魂から、『幽霊の声』と称するCDまで。
でも、どれにも彼女は怖がりも驚きもせず、もっと酷いことに気にもしなかった。
せっかく可愛い顔をしているんだから、素直に感情表現すればいいのに。
(もうハッタリは通用しない)
そう思った僕たちは、最後の手段で証明することにしたんだ。
目線がリレーされて、一人が僕に近寄ってきた。
がしゃり、と僕の掌に冷たく重い感覚が伝わったときには、揺るぎない自信に満ちていたのを覚えてる。

墓場の奥、森の中心に着いたのは、もう15分くらい経ったころだった。
もう気がすんだ?と腕を組みながら聞いてきたリーダー格の表情には、僕たちにもはっきりと分かる嘲りの表情があったんだ。
僕たちが「最後に一つだけ」と言うと、怪訝な顔をして手を腰に当てた。
それからの動きは瞬間だった。
僕はすぐにリーダー格の後ろに回って、左右から彼女の手を掴んだ2人が揃えていた両手に、手錠をかけたんだよ。
多分、何が起こったのか理解できなかったんだろうな——彼女は、前から押されてそのまま地面に仰向けになった。
そのとき、僕ははっきりと見たよ——彼女の恐怖の表情を。顔がますます可愛くなったのを。
ふと周りを見ると、他の男子も妙な笑みを顔に浮かばせ、眼には妖しい光が灯っているのが分かった。
彼女は可愛い顔をしていた。
そして——それを一気に壊したい衝動に駆られたんだ。

それから数分、もしくは数十分、ひょっとしたら数時間、彼女の悲鳴と喘ぎ声が続いた。
森に再び静寂が戻ったとき、彼女は全身から汗を発し、呼吸はすっごく乱れてたみたい。
それでも、すごく可愛かったよ。
僕たちは、彼女に聞いた。
「僕たちのこと、恨んでる?」
彼女はちょっと——多分精一杯なんだろうけど——睨んで、ゆっくりと頷いた。
僕たちも、みんなで顔を見合わせて頷いた。
「だったら良かった」
彼女は、不審そうに少し眉を上げた。
「"怪談"を証明するって言っただろ?だから証明できるから良かったって」
彼女の表情は変わらない。
「幽霊はね、美女が強い恨みをもって死んだときになるものなんだって。
だからね、今の君には幽霊になれる可能性がすっごく高いんだよ。
君が幽霊になる、これ以上の証明はないでしょ?」
その言葉を聞くや否や、彼女は身をよじって逃げ出そうとしたんだ。
まぁ当然のことながら無駄なことで、僕たちはすぐに押さえつけて、タオルで口を塞いだ。
そして、もがいている彼女の首を、もう一つのタオルでゆっくりと絞めていった。
もがきが大きくなって、身体が痙攣して……3分も経つとまったく動かなくなった。
でも僕たちは、彼女が幽霊になる"手助け"の為に、ゆっくりと30分くらいの時間を費やして絞めてあげたよ。
彼女の幽霊が身体に戻ることも考慮して、身体は人目につかない叢に隠してあげた。

そして10日後の今日。
未だに彼女の幽霊を視たっていう噂は聞いてないんだ。
残念ながら幽霊になれなかったのかもしれないし、大人達の言うように行方不明になったのかもしれない。
とにかく彼女は、身体も幽霊も学校に来ないから、"怪談"にリアルさは増した。
今では、クラス……いや、学校中みんなが"怪談"の存在を信じている。
みんながその話題で盛り上がっている。
僕たちのクラスは仲がいい。
喧嘩とかいじめとか、そういったものが一切ない、5年2組は平和だ。
みんながそう思ってる。


Related Post:


0 コメント:

現在の閲覧数 

About

このエントリをつぶやく
相互リンクについて
↑お気に入りに登録をお願いします
当サイトはリンクフリーです
人気ブログランキングへにほんブログ村 ネットブログへ
【↓1000文字まで】
Powered by NINJA TOOLS

過去 7 日間人気の投稿